「HUAWEI P9 lite」が単体だと19,600円で購入可能になっています

「HUAWEI P10 lite」が発売されたので「HUAWEI P9 lite」は旧機種となりました。しかし、「HUAWEI P9 lite」は売れに売れまくったSIMフリースマートフォンです。今でも継続して販売されているので、安く良い機種を手に入れたいという場合は選択肢として「HUAWEI P9 lite」も入れてみてはいいのではないかと思います。「HUAWEI P10 lite」の魅力はRAMが3GB、内部ストレージが32GBという点です。長い目で見ると「HUAWEI P10 lite」のほうがいいとは思いますが、サブ機として使うとか、ライトに使うから2GB 16GBでOKということであれば「HUAWEI P9 lite」はいい選択になりそうです。

スポンサー リンク

「HUAWEI P9 lite」の価格は「HUAWEI P10 lite」や「HUAWEI nova lite」の発売もあって価格が下げられたのですが、Amazonでは単体で19,600円で販売されています。IIJmioのセット割であれば18,482円で販売されています。

「HUAWEI P9 lite」はOSもアップデートによりAndroid 7.0 / Emotion UI 5.0になっていますのでまだまだ使えます。2万円を切るSIMフリースマホの中ではカメラの性能もミドルレンジのスマホの中ではいいようですし、サブのAndroidスマホがほしい、安くて性能がいいスマホがほしいというニーズにはあっていると思います。

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-WHITE(ホワイト) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-WHITE

あとは性能的には「HUAWEI nova lite」のほうがいいのですが、「HUAWEI nova lite」は2.5Dガラスを採用しているので液晶保護フィルムが端までカバーできません。手帳型ケースを使う場合はさほど気にならないと思いますが、普通のケースの場合はちょっと気になるかもしれません。iPhoneも端まではカバーできないので慣れてしまうと思うのですが、端までピターと貼りたい方はP9 liteの方がいいかもしれませんね。

ともあれ、価格も下がり19,600円で購入できるP9 liteはなかなかいいと思います。MVNOによってはさらに安く購入できるところがあります。楽天モバイルでは、通話SIMとの同時購入で税込み13,500円で手に入れることができます。

スポンサーリンク

フォローする