「OK Google」の後「ハリー・ポッター」の呪文「ルーモス」を唱えるとAndroidスマホになにかが起こる

「ハリー・ポッター」の中で有名な呪文。杖先に灯をともす呪文「ルーモス」、ともした灯を消す呪文「ノックス(闇よ)」、対象を黙らせる「シレンシオ(黙れ)」これらが使えたら便利だと思いませんか。暗い部屋で「ルーモス」と唱えれば部屋が明るくなり、明るい部屋を暗くして寝たいときに「ノックス」といえば灯りが消える。テレビなどの音量が大きいときに電話がかかってきたら「シレンシオ」で静かになる。想像すると面白いです。実際にこんな呪文が使えることはないのですが、Androidのスマホではこの3つの呪文が可能になるのですよ!

スポンサー リンク

今Twitterで再び話題の「ハリー・ポッター」の呪文「ルーモス」と「ノックス」です。杖先に灯をともす呪文「ルーモス」を使うとAndroidスマホのライトがつきます。ともした灯を消す呪文「ノックス(闇よ)」を使うとスマホのつけたライトが消えるのです。対象を黙らせる「シレンシオ(黙れ)」を使うと音量がミュートになるんです!いやあ、面白い!私もやってみると本当にできるんですよね。このためにHTC Desire 626に久々電源入れてやってみましたが、できましたよ!

「オーケー グーグル」と音声検索を呼び出して3つの呪文を順番に唱えると・・・・ちょっと感動

実際、このGoogleの検索にこの呪文の機能が実装されたのは昨年の11月。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコラボキャンペーン「あなたの呪文」で実装されたものだったんです。でも全く知りませんでした。Googleも粋なことをしてくれます。実装から半年を過ぎて、この呪文を言うとどうなるかをTwitterで動画投稿した方がいて、そのTweetがリツイートされまくっているようです。

iPhoneのSeriに「ルーモス」と言ってみると「ルーモス」を検索するだけです。残念。Seriもこの頃いろいろと優秀になっているし、ユーモアのある返答をしてくれたりして、実用的な部分と面白い部分もあるのですが、Googleもなかなかです。GoogleアシスタントがAndroid 6,7搭載のAndroidスマホで使えるようになります。スマホに語りかけて知りたい情報を得るということから、AIと会話して、したい操作を語りかけるだけで出来るという次のステージにこれから進んでいくようです。でも、実際に使いこなさないと恩恵を受けることは出来ません。先ずスマホに語りかけないと。その意味でも「ルーモス」みたいにこんな面白いことが起こるよということになれば、どんどんスマホに語りかけたくなりますね。音声検索、音声入力はこれからどんどん進化して欲しい分野です。
■関連リンク
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」コラボキャンペーン「あなたの呪文」

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(字幕版)
(2017-03-17)
売り上げランキング: 17,955
スポンサーリンク

フォローする