モバイルPCがわりにiPadを使ってみて感じたiPadの可能性

YOGA BOOKは修理に旅立ちました。web修理で依頼して次の日の午前中に返信があり、返送先の住所等を記載して返信してほしいということだったので、メールを返信しました。その日の夕方に、YOGA BOOKを送るセンターの住所と注意事項が送られてきたので、翌日郵送しました。さてどのくらいで返ってくるでしょうか。ここまでは非常にスムーズにいっているので、ネットで言われているようなことはなかったです。メールもとても丁寧でした。ということでモバイルPCが手元になくなって困ったなあということになるかと思いきや、X205TAもあるし、メインのMac miniが動いていれば実務に支障はありません。サブマシンでしたからね、YOGA BOOK。

スポンサー リンク

というものの、リビングでちょっとネットを見るとかYouTubeを見るとかの用途でYOGA BOOKを使っていたので、その用途として少し稼働率が落ちていたiPad mini 3を代わりに使っています。X205TAはモバイルPCですが、YOGA BOOKと比べると大きく重い(1kgは切っていますが)ので、ついつい手が伸びるのがiPad mini 3です。液晶側のカバーを開けると画面がオンになり、閉じるとスリープという気軽さと、アプリが優秀なこともあり、快適に使うことが出来るのだなあということがわかります。

iPadでブログ更新

以前から書いていますが、iPadでブログの更新は十分できます。画像の編集が一手間かかりますが、慣れればなんとかなります。今使っているのが「PressSync」です。ブログの更新自体はMac miniのSafariでするので、一からiPad miniでブログを書くということはないのですが、修正をすることがあります。そのときに使うのがPressSyncで、とても簡単に記事の編集が出来るので便利です。画像については「バッチリサイズ2」を使ってリサイズし、リサイズした画像をGoogleドライブにアップしRenameするひつようがあれば変換し記事内に貼り込みます。更新自体はiPadでも出来るのです。記事の分量が多くなりそうであればApple Wireless Keyboardを使って書きます。iPad mini、iPadとApple Wireless Keyboardの相性はいいと思います。もちろんMagic KeyboardでもOKです。

iPadでテキストエディタ

テキストエディタもモバイルPCでよく使います。iPad mini 3にも優秀なテキストエディタを入れています。それが「iA Writer」です。OneDrive内に保存しているテキストの編集で使います。フォントもきれいだし、さくさくと動くので重宝しています。他には「Simplenote」もよく使います。「Simplenote」はブログの下書きで使うことが多いです。Simplenoteを使っておけばどの端末からも続きが書けるので便利です。「iA Writer」と「Simplenote」があればテキストエディタはOKです。

iPadでニュース

以前はいろいろと入れていましたが、今は「Flipboard」だけ入れています。これにプラスして読むのはSpotlight検索画面のニュースです。これでOKです。

iPadで書類作成

WordやExcelのファイルを作成するためには「Word」「Excel」のアプリを入れておけば大丈夫です。Microsoft純正のアプリなので問題なく編集作業は出来ます。ただし、フォント関連が弱いので、最初から書類を作りあげていくというよりも、今作っている書類の編集という使い方がベストだと思います。編集する書類もOneDriveかDropboxに上げておけばOKです。

iPadをモバイルPCとして使う

完全にモバイルPCからiPadに置き換えられるかというとそれは私の場合は無理です。ブログの更新にしても記事を書いてアップするというだけであれば問題ないです。でも、ブログのデザインをいじるとかになるとiPad miniではしんどいです。それは画面サイズも関係します。9.7インチサイズならなんとかなるかという感じです。7.9インチはやや小さい。それはYOGA BOOKの10.1インチでも狭く感じることもあるので仕方がないですね。となれば噂の10.5インチiPad Proは魅力的です。12.9インチはでかすぎるけど、10.5インチはいいサイズなのではないかと思います。

モバイルPCでしているコンテンツを見るという部分はiPadに置き換えてOK、というかその部分はiPadの得意分野です。YouTubeを見るにしろ、動画、写真を見るにしろ快適です。特に写真は「メモリー」機能があるので楽しくスライドショーを見ることが出来ます。Windowsのフォトにも似たような機能がありますが、iPadのメモリーの方が個人的には好きです。

なにより、iPadのモバイルマシンとして良い点は手帳型ケースをつけている場合、開けばスクリーンオンで閉じればオフという電源を切ったりスリープさせたりという考えが必要ないこと。使いたいときに即使うことが出来る部分がいいなあと感じています。ケースをつけておけば気軽に持ち運びが出来る安心感も○です。

YOGA BOOKをiPadの代わりにしようと思っていましたが、それはなかなか難しいかもしれません。反面、出来ないことは確かにありますが、iPadを持ち歩いてモバイルPCの代わりに使うということは可能ではないかと思い始めています。もちろん用途限定な部分はあります。でも、iOSには優秀なアプリがたくさんあるので、そのアプリを駆使すれば大抵のことができるのではないかと。私自身、ここは使えないなと感じている部分もまだそれを可能にするアプリを発見していないだけなのかもしれないと考えるようになりました。

というのも、息子は初代iPad AirとiPhone 6sを使っていますが、画像作成や変換、加工は「ArtStudio」等を使って実に器用に加工をします。動画の編集もiPadとiPhoneを組み合わせてしていたり、クリエイティブ系はiPadとiPhoneがあればなんとかなるそうです。もちろんメチャメチャ細かい編集はMacを使っているようですが、ほとんどiPhoneとiPadでイラスト作成、画像編集をしています。

それを可能にしているのが各種の優秀なアプリです。ビジネス用のアプリにも私が知らない便利はアプリがあるはずです。昨日からまたiPad mini 3を常にiPhone SEと一緒に持ち歩き、外出時にはモバイルルーターもポケットに入れて使っていますが、iPadは快適です。シンプルなんです。そして、侮ってはいけない、まだまだiPadには可能性があるな、自分が使いこなしていないだけだなあと思い始めている日曜日の午後です。

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
アップル
売り上げランキング: 16,954
MK9N2J/A iPad mini 4 128GB スペースグレイ Wi-Fiモデル (iOS)
Apple Computer
売り上げランキング: 4,108
スポンサーリンク

フォローする