Twitter公式アプリのキャッシュデータを削除して「iPhone」のストレージの空きを増やす方法

今までTwitterの公式アプリでiOS用のものはキャッシュデータを削除することが出来ませんでした。Twitterアプリを使っているとこのキャッシュデータが大きくなり、結構な容量になるんです。キャッシュを削除する方法は、iPhoneからTwitterアプリを一旦削除して、そのあともう一度インストールし直すという方法が一般的でした。でもこれってスマートではないですよね。アプリの設定からキャッシュが削除出来るようになればいいのに。そうずーっと思っていましたが、どうやらいつの間にかアプリの設定から消せるようになったみたいです。キャッシュが簡単に削除できないので他のクライアントアプリを使っていたので気づくのが遅くなりました。

スポンサー リンク

Twitter公式アプリのキャッシュデータを削除する方法

iOS用アプリのキャッシュデータを削除する方法です。

Twitter公式アプリの右下「プロフィール」をタップします。そのあとの画面で上部「設定」の歯車アイコンをタップします。
  ↓
メニューの「設定とプライバシー」をタップします。
  ↓
「データ利用の設定」をタップします。
  ↓
「データ利用の設定」で画像等のデータが一時保存されている『メディアストレージ』とWebサイトのデータが一時保存されている『ウェブサイトストレージ』の現在使っている容量がわかります。画像は新しくTwitterアプリを入れて立ち上げてみたところなのでキャッシュデータは少ないのですが、普段であれば数十MBから100MBをこえている場合もありますよね。Twitterの公式アプリ自体も100MBをこえているので、キャッシュは削除して軽くしたいものです。

『メディアストレージ』のキャッシュデータを削除してみましょう。『メディアストレージ』をタップします。
  ↓
「メディアストレージを削除」をタップし、キャッシュデータを削除をします。

同じように『ウェブサイトストレージ』のキャッシュデータも削除しておきましょう。

こんな感じにキャッシュが削除されて0MBになります。

これでキャッシュデータがなくなりスッキリとしました。定期的にキャッシュデータを削除してiPhoneのストレージの空きを確保しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ