コンテンツを楽しむなら新型Amazon 「Fire HD 8 タブレット」が価格も性能もベストかも-プライム会員7,980円

先日からAmazonではタブレット機種のFire タブレット 7インチ、8インチが値下げをされていましたが、ニューモデル発表前のセールだったのですね。NEW 「Fire 7 タブレット」「Fire HD 8 タブレット」の予約が昨日から開始されました。発売は6月7日の予定です。かねてからAmazonのタブレットFireシリーズは低価格で発売しています。近年のモデルは価格の割に性能がいいのでコストパフォーマンスが高いタブレットでした。Android OSをカスタマイズした「Fire OS」はAmazonのコンテンツを楽しむために設定されているので、通常のAndroidタブレットのように使うには、若干の工夫が必要ですが、Amazonのサービスを堪能するにはベストのタブレットでした。今回の新型もさらにパワーアップしています。

スポンサー リンク

「Fire 7 タブレット」は薄く軽く安く

7インチのFireタブレットは「Amazon Fire 7」と名前が変わりました。ニューモデルは本体の厚みが1mm薄くなり、重さは295gです。液晶ディスプレイは1024×600ピクセルのIPSで、ピクセルの形状を正方形に変更したことでより見やすくなっているということです。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

バッテリー持続時間は1時間伸びて最大8時間になりました。Wi-Fiでは802.11 a/b/g/n、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応。microSDカードは最大200GBと中途半端な制限から最大256GBまでになったので256GBのカードが使えるようになります。CPUは1.3GHzクアッドコア。

価格はストレージが8GBの製品が税込8,980円、ストレージ16GBのモデルは税込10,980円です。。Amazonプライム会員であればここから4000円引きのクーポンが適用することでそれぞれ4,980円、6,980円で購入することができます。とにかく低価格でそれなりに使えるAmazon専用タブレットがほしいという方には「Fire 7 タブレット」がいいでしょう。

「Fire HD 8 タブレット」は価格が下がりよりコスパが高くなった

「Fire HD 8 タブレット」の基本性能は変わりなく、今回の変更点はmicroSDカードが最大256GB対応になったということです。「Fire HD 8」のディスプレイサイズは8インチで解像度は1,280×800。本体サイズは214mm×128mm×9.7mmで少しだけ厚くなっているようです。重さが369g。バッテリー持続時間は最大12時間もつので1日余裕でつくことが出来ます。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

「Fire HD 8」には、ドルビーオーディオ対応ステレオスピーカーが搭載されているので「Fire 7」のモノラルスピーカーに比べても音がよくなっています。

プライム会員なら「Fire 7」の8GBモデルで4,980円、「Fire HD 8」の16GBモデルで7,980円です。その差額は3,000円。3,000円高いといっても7,980円です。メモリーも1.5GBだし、ディスプレイの解像度も高く、ステレオスピーカーとなれば「Fire HD 8 タブレット」の16GBモデルを選択したほうが良さそうです。Amazonのコンテンツを存分に楽しむためのタブレット「Fire HD 8 タブレット」は低価格でありながら十分に実用に耐えうる珍しいタブレットだと思います。これもAmazonならではです。主にコンテンツを楽しみたいというニーズに当てはまるタブレットは「Fire HD 8 タブレット」だと思います。Androidタブレットのような使い方をするためにはGoogle Playストアをインストールする必要はありますが、それも出来ないことはありません。

高機能は求めないのでiPadまでは必要はないけど、タブレットは使ってみたいなあ、それも手軽に安く、ということならば「Fire 7 タブレット」「Fire HD 8 タブレット」しかありません。この2つの中では「Fire HD 8 タブレット」がコンテンツをよりきれいに臨場感をもって楽しめるのでオススメです。現在予約開始中。販売は6月7日です。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック
Amazon (2017-06-07)
売り上げランキング: 14
Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック
Amazon (2017-06-07)
売り上げランキング: 4
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ