iPhone SEに「キャンバス地 手帳型ケース」をつけてみるとコンパクトさが際立っていいですぞ

iPhone SEにはiPhone 5sで使っていた頑丈なケース「ELECOM 全方向衝撃吸収ケース ZEROSHOCK」をそのまま流用していました。液晶保護フィルムはガラスフィルムにかえましたが、ケースはZEROSHOCKが頑丈なので購入から随分と経つのですが問題なく使えているのです。少々落としても大丈夫という安心感がZEROSHOCKにはありますが、難点は重いということ。軽いiPhone SEがずっしりと重くなります。この点だけが不満だったのですが、多少ラフに扱ってもびくともしない頑丈さがあるので愛用していました。しかし、ふと気がつくとiPhone SEのガラスフィルムに傷が1本入っています。これはなにかと一緒にポケットに入れたときか、カバンの中に入れたときかについたと考えられます。ガラスフィルムは予備があるので傷がひどくなれば交換すればいいのですが、できたら傷はつけたくないなあと思い、手帳型の完全保護のケースを購入することにしました。

スポンサー リンク

「Mercury Goospery Canvas Diary Case」

真っ先に思い出したのがiPhone 6sを使っていたときにつけていた「Mercury Goospery Canvas Diary Case」というキャンバス生地のケースです。息子たちのiPhone 6sもこのケースです。本体側はTPU素材の柔らかめなケースになっていて、それに手帳型の部分をくっつけている作りになっています。完全に本体の側面と上下をカバーしつつ、液晶面も保護されているというケースです。重さも手帳型の形状をしていますが、わりと軽く、ZEROSHOCKをつけたときよりも軽く感じます。色はグリーンを選びました。

ケース外観

開いた感じだとこうなります。

iPhone SEを入れるとこんな感じ。

裏はこうです。

側面を完全にカバーしているので、ガラスフィルムがぎりぎりになります。干渉しないようにするにはケースに入れてからガラスフィルムを貼り付けたほうがいいかもしれません。

上下はこうなっています。必要最低限の開口部です。

側面はこうです。こちらも必要最低限の開口部です。

iPhone 6sのケースとの比較

息子のiPhone 6sのケースも新しくしました。iPhone SEと並べてみるとこんなに大きさが違います。

6sのケースはブルーで落ち着いた雰囲気です。

iPhone SEと手帳型ケースはいい

iPhone SEに手帳型のケース「Mercury Goospery Canvas Diary Case」をつけるとコンパクトさが際立ってなんともかわいい。ケースをつけているけれど手のひらに収まるサイズで、持った感じはしっくりときます。液晶部分を支えとして持つこともできるし、手帳型ケースには利点が多いです。熱がこもるという面はあるのですが、私の使い方だと問題ないです。

価格が1,000円をきっているので、細かなことをいうと気になる部分があります。TPUの部分にはちょっと傷がはいっていました。でも普段は見えない側面なので問題なし。縫製の糸の端が少し飛び出ていて、そのままだとほつれそうだったのでその部分は熱処理して溶かしてほつれないように加工しました。

価格が価格なので品質を求めるなら、価格の高いケースを選んだ方がいいです。でも「Mercury Goospery Canvas Diary Case」はとても1,000円未満のケースに見えないし、しっかりとした造りです。マグネット式で液晶部分のカバーはしっかりと固定できるし、ストラップホールもあります。何と言ってもケースの素材がいい雰囲気を出しているので色がカラフルな割には落ち着いた感じになります。発売は数社されていますが、プライム対応のところから購入することをおすすめします。海外から直送の場合は到着まで日数がかかりますが、プライム対応のものは、価格が少し高くはなりますが、すぐに届きます。個人的には「Mercury Goospery Canvas Diary Case」はお気に入りのケースです。iPhone SEにもバッチリです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ