ニーヨンハチマルガジェット iPhone,iPad,Mac,Apple,Windows,Android,MVNO SIM等 個人的に気になることについて書いています。

2480GADGET

iPhone

iPhone 5sからiPhone SEに切り替えてよかったなあと思うこと

更新日:

iPhone 5sは2年と3ヶ月あまり使っていました。途中Androidにメーンを移したのでサブ的な位置で使っていましたが、g07を手に入れたあたりからiPhone 5sに下駄をはかせて通信環境を取り戻しLINEを中心としたコミュニケーションツールとして表舞台に復活となりました。特にiPhone 5sで不満な箇所はなかったのですが、16GBというストレージのサイズはいろいろとアプリやデータを取捨選択しながら入れないといけなかったので、そのあたりに気を使わなくていいものがほしいなあと思ったことと、次に上げる一点が購入の後押しにもなりました。

スポンサー リンク

iPhone 5sからiPhone SEに切り替えてよかったこと

5sに比べてSEは随所に俊敏さを感じます。動作が早くなったとかはもちろんいいのですが、5sからiPhone SEに切り替えてよかったと思うのが「手前に傾けてスリープ解除」です。iPhone 5sは電源ボタンを押すかホームボタンを押さないとスクリーンがオンにならないというのが不満だったんです。6sを使っていたときは「傾けてスリープ解除」がとっても便利だったので、6sから5sに戻したときはこの点が面倒だなあと感じたのです。

それがiPhone SEに切り替えてみると「ああ、こりゃいいや」となったのです。「手前に傾けてスリープ解除」はわりと頻繁にスクリーンが点灯することもあり、バッテリーの消費が気になるという方もいるでしょう。しかし、普段ポケットに入れてiPhone SEを持ち歩いていますが、バッテリー性能が優秀なこともあり、とくにバッテリーがぐんぐん減るという感じはしません。それよりも、電源ボタンやホームボタンを押さなくてすむという方が私にとってはメリット大です。

いつもの動作はこんな感じです。

ポケットからiPhone SEを出す。

ポケットから出しながら左手の手のひらでiPhone SEの左下コーナーを支え、人差し指は背面を支え、中指と薬指で側面を支え、小指で右下スピーカー部分を支える。

目の前に持ってくる途中で親指をTouch IDにそえる

スクリーンロック解除!

となるので便利なんですよ。iPhone 7であればホームボタンを押しても物理ボタンではないので故障しにくいですが、iPhone 7より前の機種はホームボタンが物理ボタンなので、できるだけ押したくないのです。これだとホームボタンを押すことなくスクリーンロック解除ができるので、この点は本当にSEで良かったと思います。

あとは、4インチのコンパクトさはいいということです。ポケットの出し入れもしやすく、片手での操作がしやすいです。これは4インチのSEならではですよ。

ということで、iPhone 5sからiPhone SEへの切り替えはストレージが64GBになったことと、動作もより機敏になって「手前に傾けてスリープ解除」でロック解除が簡単にできるので非常に満足です。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014が主力です。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを主に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-iPhone
-,

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.