Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

Apple iPhone

au iPhone SE/6s/7 のSIMロック解除可能日がいつかを確認する方法

投稿日:

64GBのiPhone SEはとてもいいです。めちゃめちゃデータやアプリを突っ込んでおくという使い方を今までのiPhoneでしていなかったので、64GBのストレージ容量のiPhone SEですが空きが48GBもあるのでまだまだ余裕です。どんなに使っても半分も埋まらないのではないかと思うので、32GBでもなんとかなったでしょう。でも、64GBあれば精神衛生上いいのです。128GBはさすがに持て余すので、64GBのストレージが個人的にはベストな容量です。YOGA BOOKも64GBで、空きが34GBほどなので、こちらも64GBでなんとかなります。PCの場合は128GBあったほうがいいとは思いますが、スマートフォンは64GBで十分です。

スポンサー リンク

au iPhone SE はmineoで使おう

さて、今回手に入れたiPhone SE 64GBモデルはauの新品白ロムです。これで4万切っていたのでお買い得だと自分では思っています。いま確認するとAmazonでまだ39,800円のau iPhone SE 64GBはあるようなので、欲しい方はお早めにどうぞ。

au版 Apple iPhone SE 64GB ローズゴールド MLXQ2J/A 白ロム

auのiPhoneをMVNOのSIMでロック解除せずに使うにはmineoしか選択肢がありません。いまAプラン、Dプランを各1枚ずつ使っているのでmineoの使いやすさを実感しています。サポートも手厚いし回線的にも不満はないので、このままmineoを使い続けるでしょう。今回のiPhone SE用にもmineoのSIMを手配したので、それが到着するまではモバイルルーター経由でiPhone SEを使っているのです。

au iPhone SE の白ロムはロック解除可能

そんなmineo待ちのau iPhone SEですが、SIMロック解除をすればdocomo系のMVNO を使うことが出来るようになります。auのiPhone SE,6s,7はWEB上でSIMロック解除できる日にちがいつなのかを確認することができます。また、SIMロック解除もauのショップにいけば、白ロムでもSIMロック解除をしてくれます。手数料は3,240円必要です。

<SIMロック解除手数料3,000円(税抜)>
最寄りのauショップ各店でお申し込みいただけます。
※ご契約のau携帯電話番号・お名前・生年月日などで 契約者ご本人であることを確認させていただきます。auの回線契約が確認できない場合は、来店者の本人確認書類が必要となります。
※法人名義のお申し込みの場合は、ご来店者の「社員証または名刺」が必要となります。
※手数料は翌月のご利用料金と合算して請求させていただきます
(auの回線契約をお持ちでない場合は窓口払いとなります)。

auのiPhone SE / 6s / 7 のSIMロック解除可能日を調べる方法

auはWEB上でSIMロック解除可能日を調べることができます。下記のページにアクセスして、iPhoneのIMEI (半角数字15桁) を入力するとわかります。

iPhoneのIMEI番号は「設定」→「一般」→「情報」から確認することができます。

SIMロック解除の可否判定(au)

早速購入したiPhone SE のロック解除可能日がいつなのかを調べてみると、今年の8月でした。まだまだ解除ができないので、mineoのSIMをさして使いましょう。

SoftBank iPhone SEはSIMロック解除の制約がある

SoftBankは契約者しかSIMロック解除できないので、白ロムを購入してからSIMロック解除をしようと思っても無理なようです。今まで出来ると思っていましたが、調べてみて出来ないということがわかったので、SoftBankのiPhoneの白ロムを購入することは今後もないでしょう。

SIMロック解除についてのご注意(SoftBank)
解約済み製品のSIMロック解除のお手続き期間は、解約後90日以内です。
また、解約済み製品のSIMロック解除は、契約されていたご本人さまのみお手続きいただけます。

docomoのiPhoneはSIMロック解除をする必要性がない

MVNO SIMを使うという前提で考えると、docomoのiPhone SE 6s 7 はSIMロック解除をしなくても数あるdocomo形のMVNO SIMを使うことができますから、あえてSIMロック解除をする必要性はないと思います。ただ海外に行く場合等、SIMロック解除が必要な場合もあるでしょう。そのようなときはロック解除が必要ですが、解約済みiPhoneの場合は、期限が定められているようなので注意です。

2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除受付条件(docomo)
解約から3か月間経過する前であっても、端末購入日から6か月経過するまではSIMロック解除の受付はできません。
また、端末購入から6か月経過していても、解約から3か月間経過している場合は、SIMロック解除の受付はできません。
端末購入日および解約日によっては、SIMロック解除の受付が一切できなくなる場合がありますので、ご注意ください。

auのiPhone 白ロムがテザリングはできないけれどやはりいい

auのSIMロック解除は、ロック解除対象機種であることと、解除条件を満たしていれば白ロム所有者でも解除可能なので、auのiPhone 白ロムがいいと思うのです。SIMロック解除しなくても、mineoのSIMを使えばデータ通信、音声通話ともにできます。docomoの白ロムに比べてやや価格が安いので、購入しやすいのもポイントです。mineoのSIMを使う場合、テザリングはできないので、ここだけが惜しい点です。テザリングは特に使わないという方は、auのiPhone SE,6sあたりの白ロムいいと思いますよ。
■関連リンク
SIMロック解除のお手続き(au)
SIMロック解除をする場合、手続き方法を教えてください。(SoftBank)
SIMロック解除の手続き(docomo)

au版 Apple iPhone SE 64GB ローズゴールド MLXQ2J/A 白ロム
Apple Computer
売り上げランキング: 101,178


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Apple, iPhone
-

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.