懐かしの「iPod nano (第5世代)」発掘

3月は引っ越しのシーズン。我が家の長男も引越しで忙しいらしいので、片付けの応援に長男のアパートにいってあれやこれや片付けてきたので、本日は筋肉痛です。体が痛い。男の一人暮らしなので部屋が片付いていないのはまあ承知していたのですが、ものが多くて片付けるのに昨日1日を費やしました。その中で発掘されたものがあったので、今日はその懐かしのガジェットをご紹介しましょう。

スポンサー リンク

机の上の本の下に潜り込んでいたのがこちら。

iPod nano (第5世代)です。いやあ、懐かしいですねえ。2009年の9月に発売されたモデルです。購入したのは2010年だったような記憶が。Appleの整備済製品を購入したような気がするのですが、購入後割とすぐに長男に譲ったのでしょう。保存されていたビデオ動画が2010年に撮影されていたものでした。曲も7GBほど入れていたので残りが1GBでした。本体のみ残っていました。

おっこれカッコイイ!という次男に長男が「持って帰れば」といったようで、曲もそのままで持ち帰って来ました。昨日帰ってからどんな曲が入っているか聞いてみようということなりましたが、充電しようにもLightningではないのですよ。30ピンのDockコネクタなのです。あーもうないよなあ、Dockコネクタのケーブル。もうバッテリーも消耗しきっているようで電源ボタンを押しても起動しません。これはセリアで購入するか、たしか売っていたよね、と思ったときに、自分の車の中に充電用のケーブルをその昔おいていたことに気づいたのです。

車のダッシュボードの中を探ってみると、あーありましたよ、セリアで購入しておいた予備のケーブルが。これで充電ができます。満充電まで電源に繋いでおいてから、起動してみます。

お、ちゃんと動きます。曲も長男が入れているものがそのまま再生できました。ビデオのデータも1本だけおりました。試しに撮ってみたんですね。そうなんですよね、iPod nano (第 5 世代)はカメラが搭載されていてビデオだけは撮ることができるんです。写真は撮れませんがビデオは撮れるという仕様です。でもこのカメラが面白い。久しぶりに撮ってみましたが、解像度は高くないですが今でも十分使えるような感じです。

なんだかほんとに今だからこそかっこいいiPod nano (第5世代)。懐かしいなあといって入っている曲を聴いている次男。今日は1日ちょこちょこ聴いてまだバッテリーは半分以上残っていると言っているので、バッテリーもまだまだもちそうです。

小さなボディで軽いので、音楽専用として使うのはバッチリでしょう。iPod nanoは現在2012年に発売された7世代が最新です。もう4年以上新しいモデルが出ていないんですね。音楽に特化した使い方ならiPod touchよりiPod nanoがいいのかもしれませんね。

懐かしのiPod nanoを発掘しましたが、発売から7年。問題なく使えて、なおかつ、使っていても古びた感覚はなくむしろ新鮮な感じで、ああ、Apple製品だなあということを思ったのでした。

Apple iPod nano 16GB 第7世代 2015年モデル シルバー MKN22J/A
Apple Computer (2015-07-17)
売り上げランキング: 2,076
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ