鉛筆愛好家+カメラ好きな人に贈りたいカメラの形をした鉛筆削り

春は卒業入学のシーズン。大学の方もそろそろ卒業式がやってきます。新しく学生になる人や社会人になる人も多いでしょう。新生活に必要なのは文房具。新生活ではない人も新しい学年や年度が始まる4月に向けて気分をかえるのにちょうどいいのが文房具を新調することです。シャーペンやペン、それに筆箱やど今まで使っていたものがくたびれてきたなら新しいものを探すもの楽しいものです。ペンは安いものから高いものまでいろいろです。ペン選びはわくわくします。仕事にはペンを使う方も多いでしょう。学生のみなさんならシャープペンシルですね。鉛筆を使うという学生さんは少ないのではないでしょうか。そういう私はシャーペン派ではなく鉛筆派です。常にMac miniの近くにメモ帳(プリントしそこねたコピー用紙を適当な大きさに切っておいています)と数本の鉛筆を置いています。メモをするときはほぼ鉛筆を使います。今鉛筆の本数を数えたら7本置いていました。鉛筆スキなんです。ペン立てには削っていない鉛筆がこれまた4本ありました。

スポンサー リンク

鉛筆とくれば鉛筆削りです。これがないと鉛筆が使えない。今使っている鉛筆削りはセリアで買ったものと文房具屋さんで買った芯の太さを調整できるタイプのもの、そして、筆箱には小さなドイツ製のシンプルな鉛筆削りを入れています。日々鉛筆と鉛筆削りを使っていますが、先程とあるサイトで面白い鉛筆削りを発見しました。

カメラ型の鉛筆削りです。

カメラ シャープナー カメラの形をしたおしゃれ鉛筆削り 携帯用

見た目は小さなカメラ。液晶部分には絵などを小さく切ってはめ込むことができるようになっています。削りカスは裏の液晶部分を外して取り出します。

鉛筆はカメラのレンズ部分で削ります。カシャという音をたてて鉛筆を差し込む部分のカバーが開くようになっています。

これは面白くて実用的。カメラがスキな人に新生活のちょっとしたプレゼントに送るのもよし、自分で使うのもよしです。値段も安いです。Amazonでも売っています。
■関連リンク
シャッター音がクセになる!カメラ型鉛筆削り「CAMERA SHARPENER」(毎日、文房具。)

スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ