YOGA BOOKを快適に使うためのHaloキーボード関連の設定はこれ

YOGA BOOKはHaloキーボードであるがためにその薄さと軽さを実現しています。ただ、フルフラットなキーボードは非常にスタイラッシュであるのですが打ちにくいことは確かです。でも打ち続けていると打ち間違いが随分と減ってくるので割りと速く打てるようになるんですよ。もちろんいろいろと設定をしたり、弄ったりしないとこの快適さは手に入りません。キーボードについては振動と音は正直邪魔なのでカットします。あとはトラックパッド(タッチパッド)です。フルフラットなのでトラックパッド(タッチパッド)も枠があるだけのものです。上に指を滑らせているとついついスペースキーのところまでいっていて、Chromeであればページが激しくスクロールされてしまうということによくなるのです。

スポンサー リンク

また、トラックパッド(タッチパッド)は右半分下をタップすると右クリックと同じ動作をするので、「えっなんでメニューがでてくるの!」ということになってこれがとっても邪魔くさいのです。

あとはテキストなどを入力したあとにトラックパッドでカーソルを動かそうとすると、真ん中の◎のところしか反応しないようになっているので、この◎の箇所から指を滑らさないとトラックパッドがうまく働かないのです。これも非常に面倒なのです。

しかし、この2つの問題点はアプリを導入することで設定を変更することができるにです。アプリ導入後は一気にトラックパッドが使いやすくなりました。これは本当にありがたいアプリです。

キーボードをサイレント仕様にする

前にも書いたと思うのですが、Haloキーボードのタイプ時のサウンドは少し遅れて鳴るのであまり意味が無いというか、個人的にはずれるならなくていいかなというものでした。ヴァイブレーションは振動音が大きく非常にうるさいのです。これも潔くとめたいオプションです。

止め方は前にも書きました。こちらです↓

YOGA BOOK使用4日目。Haloキーボードにも随分と慣れてきました。ただエンターキーの幅が狭いので『「』をついつい押してしまって確定が...続きは「記事を読む」へ

トラックパッドを快適に使えるようにする

とにかくトラックパッドの右下をタップすることが右クリックと同じという仕様は意味不明です。ちゃんと右クリックにエリアがあるので、そこを使えばいいことなのです。右下半分のエリアが死んでしまっているのが、YOGA BOOKのトラックパッドの¥は使いにくいということになっているのです。

あとは◎から始めよう問題もやっかいです。これのお陰で常に◎からスタートしなければならない不便さ。これまたトラックパッドを使いにくくしているのです。

これを一気に解消してくれるのが、
「Yoga Book touch pad setting application」です。いやあ、本当にありがたいアプリです。作者の方には感謝感謝です。(ダウンロードは下記の関連リンクからどうぞ)

この「Yoga Book touch pad setting application」でできることは
・タップによるクリック操作のON/OFF
・二本指ジェスチャーのスクロール方向設定
・マウスポインタの加速度設定
・右クリック領域設定
・ロック解除設定

です。困っていたことがすべて解消されるアプリです。

使い方は簡単です。「Yoga Book touch pad setting application」をダウンロードして、適当な場所に展開しexeファイルをタップするだけです。

設定はこうしました。
「右クリックエリア」は右端のなしにします。
「ロック解除エリア」は右端の全面を選択します。
「マウスポインタの加速度」は左端の小を選びます。
「スクロール方向」は通常にします。

これでごく普通のトラックパッドとして使えるようになりました。今までトラックパッドで感じていた不満点が解消されて今までと比べて格段に使いやすくなりました。

Haloキーボード関連の設定は以上です。これでYOGA BOOKが使いやすくなるはずです。「Yoga Book touch pad setting application」の作者の方に感謝しつつ使わせていただこうと思います。
■関連リンク
Yoga Book touch pad setting application (Version up ! 2017/3/13)

スポンサーリンク

フォローする