3月22日から眠っていたiPhoneが目を覚ますーソフトバンク回線の格安SIM販売開始

docomoの端末には非常に多くのMVNOのSIMがささります。非常に安いものから、高速通信容量がお得なプランがそろっています。au系のMVNOもmineo、UQ mobile、IIJmio、fiimoの4社になりました。ここまでdocomo系、au系MVNOが充実してきたのに、SoftBank系のMVNOだけは登場していません。それがために今までは、ソフトバンクの6sより前のiPhoneがあってもSIMロック解除をすることも出来ず回線契約が切れればWiFi経由でしかネットには繋がらなかったのです。

スポンサー リンク

苦肉の索としてSIMロック解除アダプタをdocomo系のSIMにかませて力技でSIMロック解除をして通信するという方法を取らざるを得ない状況だったわけです。だから私もiPhone 5sに下駄をはかせてOCN モバイル ONEで通信をしているのです。

そのような状況がついに3月22日に終わりを告げようとしているのです。

ソフトバンク回線のMVNO SIMが販売開始されることになったのです。

SoftBank iPhone6s 64GB シルバー MKQP2J/A

やっとここまで来たかという気がします。これで3キャリア全ての格安SIMが手に入るようになり、自分の使いたい端末とSIMを選べるようになりますよ。

その昔、ウィルコムが980円で使うことが出来る通信プランを出してきたときは、ああ、これでパケット代を気にせずに好きなだけ通信が出来ると喜んだものです。たとえ回線の速度が低速であっても、いつでもどこでも通信が980円で出来るということにありがたさを感じていたのです。

そらから時が経ち、今では500円でいつでもそこそこの速さで通信出来るところまできたのです。でも、それはdocomo系au系のスマートフォンかSIMフリースマートフォンの話です。蚊帳の外だったのがソフトバンクのスマートフォンを持っていて格安SIMを使いたいと思っていたユーザーです。

格安SIMを使うためには前述の下駄をはかせるか、docomo系au系の端末、SIMフリーの端末を手に入れるしかなかったのです。

しかし、それもやっと終了です。SoftBankのiPhoneであればデータ通信のみになりますが、そのまま格安SIMを使えるようになるんです。

格安SIMの提供をしている「スマモバ」とヤマダ電機も「Y.U Mobile」でソフトバンク網の格安SIMを3月22日より発売予定と発表しました。今後もSoftBank系のMVNO SIMは出てくるようなので、ソフトバンクのiPhoneを今使っていて、もっと安くできないかなあと考えている方は3月22日を楽しみに待ちましょう。ただし、発売当初はデータ通信のみの対応のようなので、音声回線は別に持っていて、データ通信用にiPhoneを使っているという方と限定になりますね。

または、今iPhoneを契約しているならば、そのiPhoneをガラケーにかえてしまって、プランを音声用に変更し、今まで使っていたiPhoneをデータ専用端末として格安SIMで使うという方法も考えられます。2台持ちになっちゃいますけど。

いずれにせよ、ユーザーが選択できるということはいいことなので、コストを下げてソフトバンクのiPhoneを利用していきたいというニーズはこれで満たされます。3月22日も楽しみですね。
(SoftBankのiPhone白ロムは若干高いですね。やはりここはauのiPhoneの方がコスパがいいです)
◾︎関連リンク
ソフトバンク回線で初のMVNOサービスをスマモバが先行販売!3月22日より提供開始!(スマモバ)
ソフトバンク網のMVNOがヤマダ電機から登場、当初はiPhone向けのみ(ケータイWatch)

Apple au iPhone 6s 64GB ローズゴールド MKQR2J/A 白ロム
Apple Computer
売り上げランキング: 5,179
スポンサーリンク

フォローする