iOSの主力デバイスをiPadにして2万円台のAndroidスマホを持ち歩くという選択

Android

Macも使っているしWindowsも使っている。おまけにiOSデバイスもあるしAndroidデバイスもある。とりあえずは4種類のOSは使い続けたいと思っているので、その連携をどうするかということを考えながらデバイスの取捨選択がいつも必要です。モバイルデバイスはたくさんあれば楽しいのですが、常時使えるのはやはり2から3台が限界です。なんせ使っていない端末が3台ほどあるので、その整理もそろそろ考えなければなりません。

iPhoneは6sを息子に渡したので、ここしばらくは下駄を履かせた5sを使っていました。下駄を履かせての運用は安定しているのですが、4Gにすると圏外病の可能性があるため、常に3Gでの運用です。5s以外にgooのg07も持ち歩いていて、こちらはフルに4Gでの運用です。ソフトバンクの端末でdocomoの電波をつかませiPhone 5sで通信する環境を整えることは成功しました。下駄を使っての通信の安定度もわかったので、このまま5sを使うという方向でもいいでしょう。ただ、iOSデバイスはiPad mini 3もあり、どちらかと言うと画面が大きくて見やすいiPad miniをこのごろよく使っている関係上、スマホはg07の1台にしてみるかということで、ここ2日ほどg07とiPad mini 3を中心に使っています。
(※g07のみの生活は3日で終了です。5.5インチはでかかった。4インチiPhoneがやはり使いやすかったので5s復活させました)

寄る年波に逆らえず、近くのピントが合いづらい年代にとって、iPad miniくらいの7から8インチ液晶というのはとても見やすい。それならば、画面の大きいiPadを主力に持ってきて、スマホはLINEやメール、ちょっとした調べ物でChromeを使ったり、ときにSNSを確認するくらいに使うと考えれば高機能ハイスペックスマホはなくてもいいのではないかと思うのです。多くを求めるときにはiPadの出番です。

実際問題としてgooのg07であれば問題なく使えます。購入する前は値段相応ではないかと考えていたし、Android 7.0の検証用端末として持っていればいいかと思っていたので、多くは期待していませんでした。しかし、ライトな使用にはドンピシャです。まあ、g07はでかいのでその点だけはiPhone 5sの方が格段に取り回しは楽なのですが、それ以外では同じように使うことができています。

現状、iPhoneは白ロムを購入するとしても、新品であれば4万円は出さなければいけません。6sのau版です。docomo版だともう1万から1.5万円高くなります。iPhoneとiPadの2台を購入すると、最低でも10万円は必要です。あ、iPadはiPad mini 4 かiPad Air 2です。Proだともう少し予算が必要です。

やりたいことがiPhone 6sや7のほうが効率的にできるという場合はiPhoneしか選択肢はありませんが、iOSでしたいことはiPadですると考えると、持ち歩くスマホはAndroidのSIMフリースマホで、価格は2万円台のものを選んでも今はなんとかなるレベルまできました。また、2万円台のAndroid SIMフリースマホは種類も多く用途に応じて選択できます。

私の使っているg07は18,000円ほどで購入しました。細部を見ればiPhoneには到底及ばないのですが、ライトに使うと考えると、気軽に使えるし、動作的にもストレスはありません。AndroidのSIMフリースマホは2.5万円近辺で優秀なものが多いのです。

ですから、iOSデバイスはiPad mini 4やiPad Air 2、もしくはiPad Pro 9.7インチにしておいて、スマホは2万円台のモデルにしておけばiPadの方に予算をかけることができます。

個人的におすすめなAndroid SIMフリースマホはこちらです。

gooのg07

gooのスマホ g07 【OCNモバイルONE 音声通話対応SIM付】 (ブラックパネル)

私も使っているので、この機種はおすすめです。アップデートにより気になる部分の不具合も解消されました。たぶんもうすぐAndroid 7.0にアップデートされるはずなので、今後もしばらくは現役として使い続けることができます。カメラの性能が今ひとつなのと、バッテリーの消費が思ったより多いので、その点だけは理解しておかないといけませんが、ライトに使うという仮定であれば、いい端末だと思います。

HUAWEI P9 lite

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK(ブラック) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-BLACK

こちらのP9 liteの評価は高いです。今は23,000円くらいで手に入れることができるようになっているし、とにかく不満点が少ないSIMフリーAndroidスマートフォンです。ストレージは16GBとg07の半分ですが、microSDカードを駆使してデータをやりくりさせれば十分使えます。動作もキビキビしていて、バッテリーもよくもつようです。とにかく評価が高く販売数も多いので、ケースも豊富にある点もいいですね。5インチクラスのスマホのなかで失敗はしたくないという場合はP9 liteが一押しになります。

Android端末はメーカーによりアップデートのタイミングが大きく左右されるので、最新のOSを使いたいというならば、アップデートの取り組みに積極的なメーカーのデバイスを購入したほうがいいです。iPhoneの場合はアップデート対象モデルであれば、古い機種もそれなりに快適に動くし、アップデートも一斉です。

Googleは国内でPixelを販売していないので、最新のOSを試そうと思ったら、Nexusブランドの対象機を購入するか、アップデートに積極的なメーカーの機種を選ばなければいけません。g07は7.0へのアップデート保証があるので、そのうち7.0になるでしょうし、P9 liteも3月下旬あたりに7.0へのアップデートがありそうです。

絶対にスマホとタブレットはiOSではないと困るという方はAppleで固めればいいと思いますし、スマホはSNSやメールの通知と送受信、通話くらいでいい。他の作業はiPadでするという場合はiPhoneではなく、2万円台のAndroidのSIMフリースマートフォンという選択肢も悪くないと思うのですが、いかがでしょうか。私はまたまたこのパターンで3日目を過ごしております。

gooのスマホ g07 【OCNモバイルONE 音声通話対応SIM付】 (ブラックパネル)
NTTコミュニケーションズ
売り上げランキング: 5,706