2480GADGET

@2480_Gのガジェット使用記録。Mac miniとYOGA BOOKとiPhone SEとg07とFire HD 10が稼働中。

Apple Mac Mac mini MacAppビデオ

テロップを自由に配置可能Mac版動画編集アプリ「Cute Cut Pro」を購入

投稿日:

iPhoneでも使っている動画編集アプリの「Cute Cut Pro」は非常に優秀なアプリです。操作性も申し分なし。一度やり方を覚えたらあとは自分の思うように編集をしていくだけです。こんなアプリがMacにあったならと思ったらあったんですねえ、Mac版。iOS版と同じように、無料版もあるので、お試しで使ってみて、良ければ有料版を購入することが出来ます。私はちょっとだけ無料版を操作しでみて、これは使えるど思ったので、有料版を速攻で購入しました。3,600円です。Mac用のアプリとして考えると安いと思っています。他の画像編集アプリはこの価格では購入できません。

スポンサー リンク

iOSデバイスとの連携も思ったらよりできるので、iPhoneで編集の続きをするということも可能です。

Mac版「Cute Cut Pro」はiOS版と操作性が似ているので、戸惑うことなく使い始めることが出来ました。各種操作のアイコンも同じなので、どこをどうしたらこうなる、ということがわかります。

動画、音楽、音声、静止画、テキスト、図形など配置したいところにそれぞれを置くことが出来るので自由度が高いです。あーここに置きたいんだけど、なんでテロップ入れれないかなあ?ということもなく、テキストは自由に配置できます。簡単に複数のテキストを同じ画面上に入れることも可能です。

あとは音声も好きな場所に置くことができ、音量も細かく設定できます。あらかじめGarageBandで音声編集しておけばいいですね。編集した音声データはトラックを分割して自分の入れたい場所にすぐ置けます。

iPhoneで「Cute Cut Pro」を使って動画編集をするよりは効率的なのでもっぱらMac miniで「Cute Cut Pro」を使っています。iPhone等のiOSデバイスにMac版の「Cute Cut Pro」のデータアーカイブをiTunes経由で共有すれば、編集途中のデータをiPhoneで編集続行できるので、例えば出かける前にiPhoneにデータのアーカイブを渡しておいて、出先のカフェなんかで動画編集の続きをすることも可能です。音声のファイルをiPhoneのGarageBandで編集するのはちょっと大変なので、音声データは扱わない、元動画+テロップの編集であれば十分iPhoneでもいけます。iPhoneで編集したデータはiTunesのファイル共有先に保存しておけば、それをまたMac版の「Cute Cut Pro」で読み込んで編集の続きをすることも出来るんです。

こんな感じで、Macを主力で動画編集をしているけど、iPhoneでも出先で編集したいぞ!というわがままな要望を叶えてくれるMac版「Cute Cut Pro」はとても簡単に動画編集をすることができて、なおかつ自分の思うような動画を作ることが出来るアプリです。個人的に「Cute Cut Pro」いいと思います。
■関連リンク
Cute CUT Pro - Full Featured Video Editor - YU BO



\ シェアしてください /

-Apple, Mac, Mac mini, MacAppビデオ
-

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.