18,144円で手に入れたDSDS 5.5インチのSIMフリー gooのスマホ「g07」実機レビュー

gooのスマホ「g07」が昨年末に届いてからすぐに奥さん用に設定をして使える状態にして渡しましたが、使用1日目に困ったことに。朝100%充電したあとLINEくらいしか使っていないのに、夕方に残り10%くらいまで消費していてあまり使えなかったということと、カメラでピントが合いにくいということで、今まで使い慣れているHTC desire 626にまた戻しました。HTC desire 626の方はバッテリーの消費を少しでも少なくするために、今まで使っていなかった省電力モードをオンにして使ってみると、バッテリーが夕方まで普通に使って60%ほど残るようになりました。しばらく今までのようにHTC desire 626を使ってもらいその間に「g07」をフルリセットして設定を見直し、実際に使ってみてどこが良くてどこが今ひとつなのかを確認することにしました。ということで6日間ほど使ってみての感想です。

スポンサー リンク

デザインはどう?

3000円オフクーポン効かせて16,800円(税込みで18,144円)で購入したとは思えない本体です。金属外装なのでチープな感じはしません。でも、TPU製のクリアケースをつけているせいでアルミなのか金属風なのかわからなくなっています。デザインは可もなく不可もなくいたって普通という感じです。背面下部のアンテナのラインが横一直線なのとg07のロゴがアクセントにはなっています。

前面の液晶部分は2.5Dなので液晶端がラウンドしているので保護フィルムを端まで貼ることができないのはやっかいです。付属の液晶保護フィルムも液晶の表示部だけをギリギリカバーするものなので端まで覆うタイプではありません。他社のものを購入してもこんな感じだと思いますから、付属のものを使っていますが、やや指紋がつきやすいのと傷がつきやすいです。

携帯性はどう?

5.5インチ液晶なのですがケースをつけた5.0インチのHTC desire 626とそんなに変わらないのでポケットにもなんとか収まります。でか!という感じではありません。液晶はでかいと思うのですが本体は予想していたよりの小さいかな。重さは150g。軽くはありませんが5.5インチということを考えれば妥当な重さでしょう。実際に使ってみるとジーンズの前ポケットにいつもいれていて違和感はありません。さすがにシャツのポケットに入れるのは無理ですが(はみ出るので)それ以外では問題なく持ち運べます。

左からiPhone 6s、HTC desire 626、g07です。

ボタン操作はどう?

電源ボタンや音量調節のボタン、それにショートカットボタン(マルチファンクションキー)がわりと軽い押し心地なので電源ボタンを間違えて押してしまうことが最初のうちは多かったですねえ。今は慣れたので電源ボタンを頻繁に間違えて押すことは少なくなりました。ショートカットボタンをカメラに設定していると勝手にシャッターが押されてしまうという不具合があるので、今はショートカットボタンをオフにしています。

指紋認証はどう?

指紋認証の認識はiPhoneに比べると少し劣るような感じがしますが、精度は高いと思います。本体を持って人差し指で指紋認証をするときに1回では認識してくれないことが最初はありましたが、しばらく使ってみると癖がわかってくるので一発でロック解除することができるようになってきました。慣れてくると認識率は高くなります。2,3日使えば認識させやすい位置がわかると思います。指紋認証は個人的には合格点です。

文字変換はどう?

デフォルトのGoogle日本語入力を使っています。ATOKも入れてみたのですがやや誤タップが多いので、Google日本語入力に戻しました。Google日本語入力を使うと誤タップも少なく快適に変換ができます。ただし、本体が大きいので片手でというよりも両手でフリック入力をしたほうが文章を打ちやすいです。両手で入力するとより快適に入力できます。変換はもたつくことはなく問題ないレベルです。液晶の精度が問題視されていましたが、文字入力については普通です。心配することはありません。

レスポンスはどう?

レスポンスについてはRAM 3GBの恩恵があるのかキビキビ動きます。引っかかりを感じるということもなく軽快に動いてくれます。ただし、ゲームは全くしないのでゲームアプリを動かしたときにどうなのかは未知数です。

ROM 32GBはどう?

HTC desire 626でも使っていたアプリをg07にもインストールしました。本体のROMが32GBあるので、ストレージにアプリを移動せず本体に入れたままにしています。それで使用量が12.19GB。空きが約20GBあります。やはりストレージは32GBはほしいですね。

ホーム画面はどう?

g07ホームがデフォですが、今はGoogle Nowランチャーにしています。Launcher3のホーム画面も選択できますが、Google Nowランチャーが一番しっくりくるので使っています。g07ホームにしても十分使えると思います。これは好みの問題ですね。

プリインのアプリはどう?

goo専用のプリインアプリの数は多いのですが、アンインストールができるようなのでストレージの容量を確保したい場合はgoo謹製のアプリを削除すればいいと思います。使えるアプリも多いので1度使ってみることをおすすめします。

液晶画面表示はどう?

いたって自然な色合いです。19,800円にしては非常に綺麗だと思います。液晶のムラもないし、輝度も十分です。明るさを自動調整にしていると明るすぎるので、自動ではなく手動で暗くして使っています。

カメラはどう?

1300 万画素ではありますが、普通かなという印象です。デフォルトでインストールされているカメラアプリはフォーカス音が大きいです。シャッター音よりも大きく聞こえます。また、若干フォーカスが甘いような気がします。メモ用にとか、SNSにあげる写真とかであれば問題ないレベルだと個人的には思います。今はデフォルトのカメラアプリは使わずにGoogleカメラに置き換えて使っています。本格的スマートフォンのカメラにこだわるということになればiPhone 7 PlusやP9を購入したほうがいいと思います。g07のカメラは価格相応と考えてください。

通話はどう?

IIJmioのデータ通信用のSIMカードを使っているので音声通話については未知数です。

DSDSはどう?

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が注目されているのですが、私はこのDSDS使っていないのでこれまた未知数です。

SIMの設定は専用のアプリを使います。多くのSIMの設定があらかじめ用意されているので、自分の使いたいSIMを選ぶだけでOKなので手間がかからずいいですね。

着信音はどう?

結構な数の着信音パターンがあります。十分でしょう。

バッテリーはどう?

HTC desire 626と同じように使ってみると朝100%でよる寝る前に50%前後の残量という感じです。HTC desire 626であれば60%くらいは残っていました。今はまだあれこれと使っているので消費が激しいのではないかと思いますが、3000mAhのわりには予想していたよりも消費します。ヘビーに使うとギリギリ1日というところでしょう。

消費を抑えるために、設定→電池を開き「バックグラウンドインテリジェントパワーセーブ」をオンにしました。これで液晶がスリープしている状態の通信等をセーブしてくれるようになります。また、電池の最適化を開くと最適化されていないアプリとして「Google Play開発者サービス」があります。「Google Play開発者サービス」がバッテリーの消費を促進するという情報を得たので、アプリからキャッシュデータを削除して様子をみることにしました。

そうすると今日の朝11時にバッテリーを100%充電して、メール、LINEを確認したり、ブログのアクセス等の情報を確認するくらいの使用で10時間後にバッテリーの残量を確認すると86%。1時間に1.4%消費ということになります。Chromeを使っていると消費は激しくなりますが、そんなに使わない場合は朝満充電で、夜帰ってきても半分は残っているということになりそうです。

結局

ここまでざーと6日間使ってみた感想を書いてみました。19,800円(税込21,384円)の5.5インチSIMフリースマートフォンという前提で使ってみるといいのではないかと思います。しかし、良いところばかりではないので、不満点は次のエントリーでお伝えしましょう。
■関連リンク
gooのスマホ g07

g07専用 保護ケース クリアタイプ
Covia
売り上げランキング: 1,803
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ