予定管理はこの2本でOK! 標準の「カレンダー」とiPhone iPadに入れておきたい「Refills」

App仕事効率化

今年も12月になって新しい手帳選びのシーズンです。皆さんはもう来年の手帳は決まりましたか?私はですね、ほぼ日手帳を毎年買っています。定番のサイズのほぼ日手帳を買う年とweeksを買う年とあったのですが、今年はweeksを買っているのです。しかし、1年経ってみるとweeksは結局3ヶ月くらいしか使っておらず、ここ半年ほどは持ち歩くこともしなくなってしましました。それはなぜか、iPhone、HTC desire 626、iPad mini、Mac miniで予定を管理、メモもこれらのデバイスでとっていたので手帳の出番がなかったんですよねえ。

来年はどうするか?来年は手帳は購入せずに、iPhoneを中心に予定の管理をしていこうと思っています。手書きのメモも仕事をしているときは手の届く範囲のメモ帳をおいているし、メモに書いた内容で重要なものはMac miniのメモに入力しておくか予定に追記しておくかするので大丈夫なのです。いつもiPhoneかAndroidスマホかMacがある環境なので、結局手帳は年度の後半になってくると使う頻度が下がってくるといういつもの流れになるのです。もしも手帳を購入するとしたらいっそのこと無印良品の剥ぎ取り式のメモ帳でいいのではないかと思っている次第です。

さて、前置きが長くなりました。iPhoneで予定を管理するためには標準装備アップル謹製カレンダーをいつもは使うのです。しかし、カレンダーの欠点は過去のスケジュールを検索しようと思っても過去と未来の1年間だけしか検索してくれないという問題があるのです。それと表示が上半分に月間表示がで下半分にその日の予定というのがデフォだし、横画面にすると3日間の予定は確認できますがぱっと見すぐに前後の予定を把握するには表示が貧弱です。スケジュール帳のように見開きで1週間表示で予定が確認出来ればいいのですが。でもですね、この2点を改善することが出来るカレンダーアプリがあります。それが「Refills」です。

901f2b51-8482-49f4-8b7d-b219550d8a29

画像のように「Refills」の月間表示は予定までしっかりと見ることが出来ます。
(以下画像はRefillesのページからお借りしました)

204c0897-b33a-4211-a030-1c89081fb21f

週間表示はこんな感じになります。この表示がいいのですよね。パッと見て予定を確認可能。この表示形式が一番見やすい。

bb5d7690-49f4-4eb9-bde4-b1d2a24dd16e

1日表示はこうなります。ミニ1ヶ月カレンダーがあるので日付の確認もしやすいのです。

「Refills」の最大の良い点、全ての予定内容を検索できるということです。そう、前述したように標準のカレンダーは予定の検索が前後1年間だけです。わりとよく予定内容の検索をするので1年間だけでは困るのですよね。だから「Refills」なのです。

検索のやり方は、画面下の「その他」をタップして「リスト&検索」を選びます。すると予定の一覧がでるので、画面上の検索窓で検索をすれば期間ごとにヒットした予定をリストアップしてくれます。一気に検索はできないのですが、過去の予定をさらに探したければ過去の期間を何度かに分けて検索していきます。

36d1475c-113a-4d1b-a322-ce443cdb98f7

この検索機能があるのでiPhoneにもiPad miniにも「Refills」をインストールしているのです。普段確認するのは標準のカレンダーの1日の予定画面で、週間表示で見る場合と検索をかけたいときには「Refills」を使います。今はこのように2本を使い分けて使っているのですよね。

それと「Refills」の注目の機能としてライフログ機能があり、写真をとった日時のところにその写真のサムネイルを小さく表示してくれるんです。これ案外面白いですよ。

その他、六曜も表示してくれるしiPhone、iPad両対応のユニバーサルアプリなので1度購入すればiPhone、iPad両方で使うことが出来ます。予定事項の検索をよくするという方は「Refills」オススメです。Android版もあります。
◼︎関連リンク
「Refills」

ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.
ほぼ日刊イトイ新聞
マガジンハウス
売り上げランキング: 4,176