Xperia Z Ultraの後継機としてこれしかないかも6.8インチ液晶「ZenFone 3 Ultra」が12月9日発売開始です

Android

Xperia Z Ultraは今考えても良いマシンでした。OSのアップデートが見送られたため私は手放しましたが、Android OS 5.1が正式に使えるのであったならばそのまま手元に置いていたような気がします。本当に薄い一枚板のフラットなデザイン。どでかい液晶は見やすいことこの上なし。それでいてそんなに重いわけではなく、ケースをつけていてもなんとかジーンズの前ポケットに収めることが出来る絶妙のボディサイズ。ストレージも32GBと十分だったし、microSDで動画や写真のデータをガンガン格納できるのも良い点でした。SONYがズルトラの後継機種を出してくれれば、いや出して欲しいと願っていた方は少なからずいるように思います。でも、SONYからズルトラの後継機種がでる望みは薄いです。それならばXperia Z Ultraに変わるスマホ、ファブレットは何があるのかと国内販売モデルをみてみると、これがないんですよねえ。

しかしです、ついにXperia Z Ultraの後継機種として手に入れてもいいのではないかというスマートフォンが発売されます。それがASUS製の「ZenFone 3 Ultra」です。液晶のサイズは6.8インチです。ちょっと大きいかな。でもXperia Z Ultraと比べるとそんなに本体の大きさがかわることもなさそうです。

ASUS エイスース ZenFone 3 Ultra シルバー ZU680KL (SIMフリー 4GB 64GB) [並行輸入品]

スポンサーリンク

ZenFone 3 Ultra

Xperia Z Ultraのサイズ
179.4 x 92.2 x 6.5 (mm)

ZenFone 3 Ultraのサイズ
186.4 x 93.9 x 6.8 (mm)

比べてみると縦が7mm長いです。7mmの違いは大きく感じますが、実際にサシで確認するとそんなに大きな差ではないかなと思います。幅は1.7mm、厚さは0.3mm、ZenFone 3 Ultraの方が大きいです。しかしこの2点はほぼ同じと考えていいでしょう。液晶のサイズが約0.4インチ大きくなってもサイズは縦の長さが7mm長くなっただけと考えれば納得の大きさです。

ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)のスペック

本体カラー:シルバー、ローズゴールド、グレー
内蔵ストレージ:32GB
サイズ/質量:高さ 約186.4mm幅 約93.9mm奥行き 約6.8mm 質量: 約233g
ディスプレイ:6.8型ワイドTFTカラータッチスクリーン IPS+液晶 (LEDバックライト)
       Corning® Gorilla® Glass 4 1,920×1,080ドット (フルHD)
プロセッサー:CPU: Qualcomm® Snapdragon™ 652 (オクタコアCPU)
       GPU: Adreno™ 510
メインメモリ:4GB LPDDR3
アウトカメラ:2,300万画素Webカメラ内蔵 レーザーオートフォーカス
       デュアルカラーLEDフラッシュ
インカメラ:800万画素Webカメラ内蔵
通信機能:IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 4.2
SIMスロット:SIM 1: 2G/3G/4G nanoSIMスロット
       SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット
インターフェース:USB Type-C×1 (USB 2.0)
         microSDXC、microSDHC、microSD 最大2TB
通信方式:日本版
     FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28
     TD-LTE:B38/B40/B41
     キャリアアグリゲーション:2CA対応
     WCDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
     GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
センサ:GPS(GLONASS、Beidouサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ
     磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ
バッテリー容量:4,600mAh 
バッテリー駆動時間:約11.7時間(Wi-Fi通信時 ,モバイル通信時)
プラットフォーム:Android™ 6.0.1

大きさは縦幅が若干長くなり、重さがズルトラよりも21g重くはなりますが、液晶のサイズとバッテリーの容量を考えると妥当と思います。とにかくXperia Z Ultraを愛用しているけどそろそろOSのバージョン、バッテリーのもちが怪しくなってきたので後継機が欲しいけどいいのがない!と思っていた方はこの「ZenFone 3 Ultra」が一番適しているのではないでしょうか。難点は1つ。防水防塵に対応していない点です。それ以外はズルトラよりハイスペック、高性能なので満足するのではないかと思います。レビューも高評価です。Amazonでは並行輸入品になりますがストレージ64GBのZU680KLが6.6万円です。12月9日発売の国内版は5万9800円(税込6万4584円)です。
■関連リンク
大きいは正義だ! 6.8型「ZenFone 3 Ultra」をXperia Z Ultraと比較:週間リスキー
ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)(ASUS)