カメラ付き超小型ドローン「RCコンパクトドローンwithカメラ」が本屋さんで買える

いつもよく聞くPodcast「backspace.fm」のドリキンさんのVLOG(YouTube)を見てるのですがドローンでの撮影動画がとてもよく「ドローンって面白そうだなあ」と思っているのです。国内で本格的にドローンを飛ばすのは規制の関係で飛行可能区域を事前に調べてその場所でドローンを飛ばさないといけないので、購入はしたものの飛ばすことができないということになりそうです。飛行可能区域はネットで確認ができるので、そこで可能かどうかを確認してドローンを楽しむということは絶対に必要なので、めったやたらとドローンを飛ばしてはいけません。しかし、この規制対象になるのは本体バッテリーの総重量が200g以上のドローンです。ということは200g未満のドローンは国土交通省の定めた飛行ルールの対象となる機体から除外されるので気軽に遊ぶことができるのです。

スポンサー リンク

200g未満のドローンというと非常に小さく、屋外で飛ばしていると風に簡単にあおられて制御不能になるため、屋内専用機になります。すでにいくつものドローンが販売されているので、自分の用途にあったドローンを買って屋内で遊べばいいのですが、そのドローンが本屋さんで購入できるという「RCコンパクト ドローン (SANEIホビーシリーズ)」が11月24日から発売されていますよ。

RCコンパクトドローンwithカメラ (SAN-EIホビーシリーズ)

RCコンパクトドローンwithカメラ(ドローン規制対象外&電波法技術基準適合品)

このサイズで動画・静止画が空撮できる
ホビードローンの決定版!

ここがスゴイ!
・すぐに飛ばせる完成品入り(SDカード4GB付属)
・動画と静止画が簡単に空撮できる
・携帯しやすいケース&充電機能一体型コントローラー
・6軸ジャイロ搭載で安定した飛行
・ドローン規制対象外&電波法技術基準適合品

総重量の記載がないのですが200g以下のようなので航空法の規制を受けること亡く飛ばすことができます。といっても屋外で飛ばすのは難しいと思いますので、屋内でのドローンの入門機、練習機として楽しむのがいいのでしょう。充電時間は60分、これで5分飛ばすことができます。落下することを考慮して本体のプロテクターもあるようなので安心して飛ばすことができますね。本当に手のひらにのる大きさで、なおかつカメラが搭載されているのですよ。

61tdekewahl

61gva-xgrrl

記録メディア:Micro SD カード(4GB付属)
画素数:30万画素(640×480px)
静止画:約4万枚(4GB)
動画:約30分(4GB)

MicroSDカードも付属しているしMicro SDカードリーダーもあるので、このキットだけ買えばすぐに楽しむことが出来るようになっています。カメラがついているのがポイントでこれで室内の様子を撮るといつもと違って面白いものが撮れそうだし、年末の忘年会の様子をこのドローンを使って動画で撮るという使い方も面白いのではないでしょうか。くれぐれも落下して鍋の中に落とすということのないように十分練習をしてから飛ばしましょう。価格はAmazonで7,538円です。書店でも販売されているので気軽に購入することができますね。これは面白いかも。
■関連リンク
無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール(国土交通省)

RCコンパクトドローンwithカメラ (SAN-EIホビーシリーズ)
三栄書房
売り上げランキング: 302
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ