2480GADGET

Mac mini,YOGA BOOK,iPhone SE,g07,Fire HD 10

ASUS X205TA Windows モバイルPC

MacBookも手にいれやすい価格になったけれどサブマシンに2~3万円台WindowsモバイルPCという選択

更新日:

ブログ更新にはMac miniを主に使っていますが、Mac miniの前に座れないときにはWindows モバイルPCのASUS EeeBook X205TAの初代モデルを使っています。iPad mini 3での更新も出来るのですが、面倒だなと感じるのが画像処理、ファイル名変更、異なるアプリ感の切り替えです。マウスが使えるとわりと作業は楽になると思うのですが、画面をタップしないといけないので、外付けキーボードを使っているときには腕を伸ばすのがちょっと疲れるのです。腕、意外と重いですから。ということもあってiPhone 6sはめちゃくちゃ使いますが、iPad miniの使用頻度が下がっております。うーん、iPad系は買ってしばらくすると使用頻度が低くなるというおきまりのパターンに今回もなりそうですねえ。

スポンサー リンク

そんなことを考えていたらこんな記事を発見しました。

【レビュー】これさえあればiPadは要らない!極薄・超軽量なノート型Mac『MacBook』(Moxbit)

MacBookは最高!でもWindowsモバイルPCも使えるアイテムだ

この記事ではMacBookを購入したらiPadを使わなくなってしまったということも書かれてあり、iPadはやはりコンテンツを快適に見るためのガジェットであるんだなあと思います。今ならMacBookも整備済製品を購入すると割りとお得に買えるようになりましたが、「サブマシンに10万もかけられないよ」という方はMacではなくWindowsに目を向けるというのもいいのではないかと思います。

Windows モバイルPCの価格帯

今使っているX205TAは3万円ほどで購入しました。とにかく実用品として考えると3万から4万で使えるWindows モバイルPCは手に入ります。もちろん10万近く出せば質感が高くスペックもそれなりに高いものを購入できますが、10万出すなら私はMacBookを購入します。MacBookの3分の1の価格で手に入るからこそWindowsのモバイルPCを使うのです。

低価格モバイルPCを購入する上での注意点

3万円台というとSIMフリースマートフォンのミドルレンジクラスと同じ価格帯です。ということは3万円台のモバイルPCに全てを求めてはいけません。割り切りは絶対に必要です。MacBookと同じ土俵に上げてはいけません。比べてもだめです。チープな感じを含めてまるごと楽しむ気持ちが必要です。

本体の素材は樹脂製のものがほとんどなので質感は高くないです。価格を考えるとここは仕方のないことです。しかし、各社樹脂製ならではのアプローチをしているのでそれを楽しみましょう。

動作速度はややもたつくと考えておいたほうがいいです。キビキビと動くアプリもありますが、全体的に少し動作が緩慢な部分がありますから、それは許容しましょう。スペックもメモリも低いですからね。重いアプリは使わないように出来るだけ軽いアプリでこなすように工夫しましょう。

液晶の質は価格なりのものです。視野角が狭いですが、色味はシステムで調整できますから自分好みの色に設定すればそんなに気にはならず使うことができます。MacBookのRetinaと比べては酷です。ここも割り切りポイントです。

ストレージは32GBのものが多いのでクラウドベースとmicroSDをうまく使う必要があります。64GBのストレージ容量で3万円台というモデルは少ないです。低価格のタブレットと同じですね。32GBをうまく使いこなすスキルは必要です。

とにかく割り切って使うと決めたら意外と使えるぞ!となるのが低価格モバイルPCです。道具を使い倒す感覚でWindows モバイルPCを使ってみましょう。

これでどうだのモバイルPC 4機種

それではどんなWindows モバイルPCを使えばいいのでしょう。まずは私が今使っているASUS EeeBook X205TAの紹介です。

ASUS EeeBook X205TA

現在販売されているのが私が使っている初代、そして2代目の2モデル。Amazonでこの2つのモデルは購入可能です。ただし初代はWindows 8.1です。2代目のX205TAはスペックが少し上になったものの、ストレージが64GBから32GBに減りました。これが地味に痛い。

ASUS ノートパソコン EeeBook X205TA-RED10 Windows10/11.6インチワイド/レッド

初代のX205TAはメモリが2GBでストレージが64GBあります。Windows 10で軽めのアプリはサクサク動きます。ブラウザはChromeを使っています。タブを多く開くともっさりとする感はあります。回線速度の関係もあるのですが、Chromebook 11の方がChromeについてはキビキビ動きます。これは仕方がない部分でしょう。

ストレージの64GBはWindows アップデート時も問題なく実行できるのでよしです。2代目のX205TAはストレージ容量が32GBなので、アップデート時にちょっと苦労するかもしれません。

X205TAはとにかく軽くバッテリーがもちます。11.6インチ液晶サイズで980g。12インチMacBookよりは重いですが、十分な軽さです。バッテリーは12.8時間もちます。カタログ値まではいかなくても10時間は使えるのではないでしょうか。初代 X205TAは11時間ちょいだったので少し伸びています。初代でも十分なもちで1日でバッテリーがなくなるような場面にまだあっていません。980gは本当に軽く持ち運ぶときの負担が小さいです。うーん、軽さは正義なのです。

キーボードのタッチもいたって普通なので十分打てるでしょう。Apple Wireless Keyboardに近い感じです。やや反発する力が強いですが、長文もいけますよ。

価格.comでの販売価格は26,499円からです。

ASUS VivoBook E200HA

EeeBook X205TAの実質後継機と言ってもいいのではないでしょうか。同等のボディサイズと重量。バッテリーの駆動時間は12時間に少し減っていますが問題ないレベル。

ASUS ノートブック E200HA ダークブルー ( WIN 10 64Bit / Atom x5-Z8300 / 11.6インチ / 1.44GHz ) E200HA-DBLUE

CPUが Atom x5-Z8300(Cherry Trail) 1.44GHz/4コア になっているとこが違いです。価格.comでの販売価格は24,997円からです。

HP Stream 11-y003TU ベーシックモデル

HPの低価格モバイルPCがStream 11-y003TU です。こちらも2代目になります。鮮やかなブルーの本体色と真っ白なキーボード。とても個性的でビジネス用途には少々不向きかもしれませんが、私は好きですねえ。11.6インチ液晶です。

HP Stream 11.6インチ 英語版 Windows10,英語キーボード [並行輸入品]

Celeron Dual-Core N3050(Braswell) 1.6GHz/2コアでストレージは32GB。メモリは2GB。重量が1.13kgなのでASUSのと比べるとやや重い印象です。バッテリー駆動時間は最大10.75時間なのでこれはOKですね。

前モデルのユーザーレビューでキーボードの打ち心地が良いという意見がありました。2代目になるこのモデルはキーの反発力が初代よりもやや強めでしっかりとタイピングできるということです。HP Stream 11-y003TUはX205TAの上をいくキーボードのような気がします。メモリが4GBのモデルも用意されていますが、価格がやや高くなります。ストレージは2GB,4GBモデルともに32GBです。

価格.comでの販売価格はメモリ2GBのベーシックモデルが29,916円です。
メモリ4GBの販売価格は37,584円です。

Inspiron 11 3000 シリーズ 価格.com限定 エントリー・プラス

3万円から4万円の中でコストパフォーマンスが高そうなモバイルPCを価格.comで探していたらこのモデルに行き着きました。価格コム限定のモデルですが、SSD128GBとメモリ4GBで35,350円!これはすごいですねえ。

Dell ノートパソコン Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 17Q32W/Windows10/11.6インチ/4GB/128GB

スペックは
CPU Pentium N3710(Braswell)1.6GHz/4コア
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
液晶 11.6インチ
重量 1.2kg
と重さは上記のモバイルPCの中で一番重いですが、DellのChromebookよりは少し軽いのでまあ、良しとしましょう。X205TAと比べると200g重いのでずっしりときそうですが、なんとか持ち運ぶことができるでしょう。特筆すべきはメモリが4GBとストレージがSSDで128GBあることです。X205TAや VivoBook E200HA、Inspiron 11がeMMCであり32GBということを考えると、メモリが4GB、SSDが128GBで34,938円はコスパが高いです。

ただし、ユーザーレビューを読んでみると、液晶の質が悪いという意見が多かったです。確かにDell Chromebook 11はキーボードは最高に良かったのですが、液晶が非常によろしくない。こんなもんだろうと思っていましたが、X205TAを使ってみるとX205TAの液晶の方があるかにきれいでしたからね。コスパは高そうですが、液晶が価格相応の中でもいいのを選びたいということであればこの機種は避けたほうが賢明かもしれません。気にしなければメモリ、ストレージともいいんですけれど。

結局どのモバイルPCがいい?

3万円前後で購入できるサブで使うモバイルPCで個人的におすすめしたいのは、私が今使っている初代X205TAです。スペック的には劣るものの、ストレージが64GBあること、それでいて価格がこなれていて2万円台で購入できること、バッテリーも十分長持ち、重量が980gは軽い、あくまでもサブで使うモバイルPCとしてはいいと思うのです。がしかし、Windows 10にアップデートするとWi-Fi周りで不具合があったりするので、その問題にあたるとなかなか大変です。あとはトラックパッドも少々調整しないといけないし。素直にWindows 10のモデルを使ったほうがいいでしょうねえ。いいモデルなんですが。

そんなことを考えると一番良さそうなのは
ASUS VivoBook E200HA Atom x5-Z8350搭載モデル
です。

ストレージが32GBなのでWindows UpdateのときにUSBメモリなどを使ってアップデートをこなすという弱点がありますが、それ以外は4GBメモリのおかげでもたつきもなく動くようです。ただし、価格が34,254円になるので、2万円台でということならメモリ2GBのモデルを割り切って使うのがいいでしょう。ACアダプターもコンパクトだし、チープ感もあまりないですからいたって普通に使えると思います。軽い処理なら。低価格モバイルPCは他にもあるのですが、個人的にはVivoBookかなあと思います。 X205TAが壊れたらVivoBookにしたいと思います。



\ シェアしてください /

-ASUS X205TA, Windows, モバイルPC
-

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.