とにかく早く意味が知りたいんだけどiPhone(iOS 10)の「調べる」が遅いので設定をかえてみた

iOS10でも内蔵辞書を活用していることは前回書きましたね。何度も言うようにこれってすごい機能なんで電子辞書を持ち歩かずにすんでいます。おまけにアプリ版の大辞林やウィズダムや角川の類語辞典も買って入れてあるので、iPhoneは最強の電子辞書という面もあるんですねえ。電子辞書はカシオばかり3台もっていてMac miniのモニター近くに最新の1台を置いていて使っていますが、外出時やうろうろと歩いているときに「この言葉の意味は何?」と思えばiPhoneの辞書を使うのです。特にSafariでサイトを見ているときに使う内蔵辞書は便利です。でも、内蔵辞書、言葉の意味が表示されるまで少し待たされるのが気になります。「すぐに知りたいんだ−!」というときにやや「うーん」となるのですよねえ。

スポンサー リンク

なにやらiOS 10になり「辞書」から「調べる」に変わって内蔵辞書の検索結果以外にもSpotlight検索の結果も表示されるようになったのです。これです、Spotlight検索。このおかげで時間がかかっていたのですなあ。調べるのは内蔵辞書のみで結構。いらんものまで検索不要!なのです。

内蔵辞書の検索結果を素早くする表示する方法

今までの内蔵辞書を使った検索結果はこんな感じになっています。内蔵辞書以外の情報もありますね。これを検索するのに少々時間がかかるんです。辞書の結果だけあれば十分なので、検索を辞書だけにする設定にします。

img_0082

img_0080

設定方法は実にかんたん。「設定」→「一般」→「Spotlight検索」と進みます。

img_0075

img_0076

「SPOTLIGHTの検索候補」を見てみると「”調べる”の候補」がオンになっていますね。

これをオフにしたら終了。

img_0081

するとこんな感じに実にスッキリとして検索時間も短縮されたのでした。メデタシメデタシです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ

コメント

  1. […] とにかく早く意味が知りたいんだけどiPhone(iOS 10)の「調べる」が遅いので設定をかえてみた | 2480GADGET […]