iOS 10の機能をフルに堪能できてオトクなau版iPhone 6s 64GはSIMロック解除をしても合計で5万円台後半になってきた

Apple

やっとiPhone 7の実機を触ることができました。といってもたまたま会った知り合いが購入したiPhone 7をほんのちょっとだけ見せてもらっただけなので、細かくじっくりと見たのではありません。iPhone 7のカラーはブラック。本当に落ち着いた感じでシックなものでした。これはいい!確かにいいですよ、iPhone 7。ずーっと触っていたら絶対に欲しくなるでしょう。外見だけを見せてもらったあと、1つだけ確認したのは、置いた状態から持ち上げるとスリープ解除する機能。Androidでは実装済みの機能です。Androidの場合はこの機能が本体に実装されていなくても、アプリで機能させることができます。これがやっとiPhoneにも実装されました。やはり便利です。持ち上げれば画面がオンになるので、そこで親指をホームボタンに乗っけて画面ロック解除。確かに便利です。iPhoneに実装されると非常に快適。うん、いいぞiPhone 7。

スポンサーリンク

au iPhone 7の毎月のランニングコスト

iPhone 7は買いではないかとついつい思ってしまい、今使っている仕事用のauガラケーを機種変更したらどのくらいのランニングコストで手に入れられるかをauのサイトのシミュレーターで計算してみました。iPhone 7 32GBです。AppleCareも込にすると、なんということでしょう〜、8,000円をこえてしまうではありませんか。まあ、冷静に考えてみるとキャリアで購入する場合はこんなもんです。少し前のように3,000円代で運用できるという技はもうありません。端末代を一括で支払えばいいのでしょうが、それならキャリアではなくAppleのSIMフリー版を購入しますよね。auスマートバリュー対象であれば7,000円になるのですがうちの回線は対象外回線なので仕方がないですねえ。

auiphone

こんな感じで正確には8,074円です。下取りの機種は3,000円という設定です。
スマートバリュー対象外です。

下取りが2年間使ったiPhone 6 の場合だとこんな感じになります。7,164円です。
こちらもスマートバリュー対象外です。

auiphone2

2年間で193,776円かあ。やっぱりひっかかるなあ、この価格。家族4人がみんなiPhoneのキャリアの端末だとすごいですね。2年間の総額が。やはりここまでは出したくないなあ、というあなた。いやいや私か。iPhone 6sを手に入れちゃいましょう。

au iPhone 6s 64GBの価格は今いくらだ?

iPhone 6sの中で一番安く流通している新品白ロムはauです。SoftBank版よりも安いです。64GBがAmazonでもヤフオクでも新品白ロムでネットワーク判定◯のものは55,000円前後です。docomo版になると1万円ほど高くなります。

Apple au iPhone 6s 64GB ローズゴールド MKQR2J/A 白ロム

au版のiPhone 6s 64GBを55,000円で購入して3,240円払ってSIMロック解除しても58,000円くらいです。この金額はdocomo版のiPhone 6 の64GBとほぼ同じ金額です。それならauのiPhone 6s 64GBを買ってmineoのSIMをさして使えばいいです。ただしテザリングができないので、テザリングが必要な場合はSIMロック解除してdocomo系のIIJmioなどのSIMを使えばOKです。

au iPhone 6sとiPhone 7の違い

機能的な違いはホームボタンが物理ボタンか否かということです。ただ、持ち上げるだけでスリープ解除の機能はiPhone 6sでも使えます。画面上にAsisstiveTouchのアイコンをいつも出しているので、iPhone 6sでもそれをタップするでしょうから、そう考えるとホームボタンを押すことはほぼないかもしれません。iPhone 6sでもOKです。

防水機能はiPhone 6sでも実は耐水性があるようです。少々の雨くらいならば神経質になることはありません。流石に水没させると復活出来るかどうかはその状況によりけりでしょうが、iPhone 5s,6よりは耐水性があるようです。お風呂にiPhoneを、とか、水中でiPhoneを使うという場面はないので6sでもOKです。

カメラの機能はiPhone 7でまた高性能になりました。光学式手ぶれ補正も実現しカメラを楽しむことが6sよりも出来るようになりました。でも、6sでも十分だと考えられます。5sでも写真は満足している部分があるので、2世代進化した6sであれば十分ではないでしょうか。

新色ブラックは魅力的なカラーです。この色はいいです。でも、ケースつけちゃうんですよねえ。カメラも出っ張りもDLラインも文句を言っていますが、ケースつけちゃうんですよねえ。

au iPhone 6s 64GBの活用法

55,000円でau iPhone 6s 64GBを手に入れます。SIMはmineoのSIMを使います。通話用のケータイは持っているのでデータ通信+SMSの3GBを選択します。au回線のAプランはSMSのオプション料金は無料です。月額税込み972円です。本体代金+通信料金は2年間使ってなんと合計78,328円です。月換算すると3,264円です。いいじゃないですか。

iPhone 7は確かにいい。でも8万弱も本体にかけられない。iOS 10の機能を十分堪能できてストレージに余裕があるiPhoneが欲しいという要望に応えられるのがau iPhone 64GB 新品白ロムではないかと個人的には思うのです。sがつくバージョンの完成度は高いですし、1年 6sを使って来年に今の6sなみに買いやすくなっているであろう7を手に入れるという周回遅れの活用法が案外賢いのではないかと思っているのです。

こんな運用方法ができるのは数世代前のiPhoneでも最新版のiOSに対応して、なおかつ動作速度がOSのバージョンがあがってもそんなに変わらないという基本設計がしっかりとしているからではないかと思います。

そう考えると、やはりiPhoneはよく考えられているなあと感心するのです。さあ、iPhone 7を手に入れるか、au iPhone 6s 64GB白ロムを手に入れるか、一番オトクな4インチiPhone SE 64GB SIMフリー版を手に入れるか悩むところですが、au iPhone 6s 64GB白ロムはSIMロック解除できることを考えても活用しがいのあるiPhoneではないかと思います。

Apple au iPhone 6s 64GB ローズゴールド MKQR2J/A 白ロム
Apple Computer
売り上げランキング: 47,530
【docomo】 iphone 6s A1688 (64GB, ローズゴールド)
iPhone
売り上げランキング: 38,900
iPhone 6s ゴールド 64GB softbank  MKQQ2J/A
アップル
売り上げランキング: 38,083