2480GADGET

Mac mini,YOGA BOOK,iPhone SE,g07,Fire HD 10

LINE MVNO SIM

月額500円から LINEはカウントフリーのdocomo系MVNO SIM「LINE MOBILE」受付開始!

投稿日:

いろいろサービスが始まります。LINEの通信量はカウントされないMVNO SIMの「LINE MOBILE」。docomo系のSIMなので、SIMフリー端末で問題なく使うことができます。最低料金が月額500円。税込みだと540円です。この500円プランではLINEの通信量だけカウントフリーで、その他の高速通信分は1GBついています。LINEを中心にスマートフォンを使っているという方にとっては非常に安価なプランになりますね。

スポンサー リンク

おまけに音声通話も出来るプランだと1200円。税込み1,296円です。無料通話なんかはつきませんが、LINE中心なら通話はLINEをつかうでしょうから、非常用に音声通話ができればOKというプランですね。

LINEMOBILE

500円のプランは「LINEフリープラン」という名称で、LINEの音声通話、トーク、画像と動画の送受信、タイムラインの閲覧はパケット量のカウント対象外になるというものです。LINEを思いっきり使っている人の専用プランといってもいいでしょう。540円でMVNO SIMが持てて、LINEがガンガンできるのでいいですよね。

そして、もう一つのプランが「コミュニケーションフリープラン」です。こちらはLINEだけではなく、Twitter、Facebookを利用するときのパケット量がカウント対象外になるというものです。月額料金が高速データ通信3GB+SMS機能がついたデータ通信プランで1,110円です。税込みで1,199円。3GBに音声通話がつくと1,690円、税込み1,825円です。コミュニケーションフリープランなのでSMS機能は最初からついてこの料金です。

高速通信分は3GB,5GB,7GB,10GBのプランがあります。料金的には通常のMVNO SIMと変わりがないと思われるかもしれませんが、LINE、Twitter、Facebookの通信分はカウントされないので、SNSの使用がスマートフォンの使用の大きな部分を占めているという人はこのLINE MOBILEのSIMは検討する余地はありますよ。

ここが重要なポイント!
MVNO SIMでLINEを使うときに、年齢認証ができなかったのですが、この「LINE MOBILE」であれば、年齢認証もできるのでID検索が出来るようになります。ここがポイントです。さすがLINEのSIMです。これだけでもLINEを使っているMVNO SIMユーザーは乗り換えるメリットがあるかもしれません。

本日から受付開始。正式には10月スタートですが、2万アカウントまでは先行で使用できるので、気になる方は申し込みをしてしまいましょう。ただし、他のMVNO SIM会社と同じように音声込のプランは1年間内に解約する場合は解約金が必要ですので注意してください。契約手数料は3,000円。これも他社と同じです。LINEのSIMが注目されればMVNO SIMの認知度もぐっと上がるはずです。LINE MOBILEではSIMフリーAndroidスマートフォンも一緒に販売されていますよ。いろいろと魅力的なMVNO SIMが出てきました。自分にあったMVNO SIMをお得に使いましょう!
■関連リンク
LINE MOBILE



\ シェアしてください /

-LINE, MVNO SIM
-,

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.