Chromebookのトラックパッドで使う2本指3本指スワイプは超絶便利でMacBookライクに使えるのです

Chromebook

忘れた頃にChromebookの話をぶっこみますが、実はChromebook・・・毎日使っていますよ。このごろ物持ちがいいですねえ。いろいろなものをとっかえひっかえ使うということもなく、最新のガジェットを揃えるでもなく、淡々と今あるガジェットを使っていくという、ガジェット中心に書いているブログとしてはこれでいいのかという気もありますが、あるものを使うというスタンスもまたよしではないかとこのごろ思います。Chromebookもメジャーな存在ではないのでChromebookのことを書いても読んでいただける方がいるのだろうかと思いつつ書いているわけです。ブログを書くときにはこのごろはMac miniで仕上げる前にDELL Chromebook 11 (Androidアプリが動かないChromeだけ走るちょっと残念なモデルです)で文章を書いています。もはや文房具の域に達しております。

さて、モバイルPCであるX205TAがあるのにかかわらず、X205TAを使わずにChromebook 11をつかっているのにはそれなりの理由があるのです。まず、キーボードの打ち心地がいいこと。これはDELL Chromebook 11 は打ちやすいという印象で、実は今まで使ってきたマシンの中でこのChromebook 11は相当打ち心地がいいです。ThinkPadも打ちやすかったですが、このChromebookも打ちやすいです。これはいいですよ。

Dell Chromebook 11.6型ノートパソコン メモリ2GB 非光沢液晶モデル (ChromeOS/CeleronN2840/2GB/16GB/HD非光沢) Chromebook 11 3120 16Q21

それと、トラックパッドの使いやすさです。ChromeをWindowsのモバイルPCで使うときに、ページの戻る、進むはショートカットを使うしかないのです。しかし、Chromebookの場合はMacと同じように2本指で左右にスワイプさせるとページが戻ったり進んだりするのです。これがあると楽なんですよ。Macとおなじ感覚でChromeを使うことができますからね。

おまけに3本指でスワイプすると、タブ間を移動してくれるので、これまた便利。いやあ、実際にChromebookを使ってみないことにはわからない部分ではありますが、かな、英数の切り替えのキーの位置といい、トラックパッドの使い方といい、Macを日頃から使っている人ならば、Chromebookも違和感なく使うことができるのではないかと思いますよ。

個人的には文房具感覚、でかいポメラ(キングジム)のような感覚で使っています。重量は結構ありますが、部屋から部屋の移動なら問題なし。価格も安いし、今後Androidアプリが動くタッチパネルつきのモデルも出てくるでしょう。日本で発売して欲しいところですが、いざとなったらAmazonだより。密かにブログの下書きから更新までをこなすピンポイントマシンとしてChromebookはいいと思うのです。HPの14インチ Chromebookを国内で販売してくれないかなあ。14インチあったら捗るんだけどなあ、文章打ちが。ということで、実は便利だよというChromebookの機能の紹介でした。