Mac,iPhone,Fireタブレット,Kindle,Echo,モバイルPCのある暮らし

2480GADGET

Android HUAWEI SIMフリースマホ

3万円のAndroidSIMフリースマホとしては現在「HUAWEI P9 lite」が最強ではないかとレビューを読みながら思う

投稿日:

AndroidのSIMフリースマートフォンの面白さは、各メーカーがガンガン新しい機種を出しているということです。あまりにも出してくれるので、購入しようとするときに目移りして困ってしまうというのが現状です。それぐらいいろいろと面白い機種が出ています。その中から自分にとって最適の機種を探しだすのもまた面白いのです。

スポンサー リンク

現在のAndroidスマートフォンの流れは

画面サイズは5インチ以上が定番です。5インチよりも5.2インチが目立っているような気がします。それに指紋認証です。以前はミドルスペックのモデルには指紋認証はつきませんでしたが、このごろは3万円前後の機種にも指紋認証機能が搭載されるようにまりました。これは嬉しいことです。バッテリーも3000mAh前後と容量的にも十分な駆動時間の機種も多くなっていますね。そんななかで非常に高い評価と価格のやすさで、コスパ高すぎ!と言われているのが「HUAWEI P9 lite」です。

HUAWEI P9 liteとはどんな機種なのか?

スペック的にはHUAWEI P9 liteはこんな感じになっています。

61+NqV-W9ML._SL1181__R

サイズ
高さ 約146.8 mm 幅 72.6 mm 厚さ 約7.5 mm
重さ 約147 g

カラー
ゴールド、ホワイト、ブラック

対応OS
Android™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1

CPU
Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)

メモリ
RAM:2GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)

バッテリ
容量3000 mAh

連続待受時間
LTE-FDD:約610h / WCDMA:約630h / GSM:約600h※1

連続通話時間
WCDMA:約18.9h / GSM:約31.5h※1

ディスプレイ
5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS(in-cell)

カメラ
メインカメラ:1300万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)

通信速度(受信時/送信時)
下り(受信時)最大150Mbps(LTE)※1
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)※1

通信方式
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi: 802.11b/g/n (2.4GHz )
Bluetooth®通信:Bluetooth v4.1
テザリング機能 / 最大接続台数:8台

その他
測位方式:GPS/AGPS/Glonass
センサー:指紋、加速度、コンパス、環境光、近接
Nano-SIM × 2

本体付属品
ACアダプタ / USBケーブル / クリアケース / イヤホンマイク / クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書

HUAWEI P9 liteがコスパ最強なわけ

スペックをみてもわかるようにHuawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)を積んでいて実売価格が29,000円台。これに指紋認証がついているのです。カメラもソニー製のレンズを搭載していて実力派十分。P9はライカのレンズを使っていますが、レビューを読む限りP9 liteで普段使いは十分すぎるほどではないかと思います。

指紋認証の精度も高く瞬時に認識してくれ、認証のミスは低いということですから、使い勝手がいいでしょう。今使っているHTC desire 626には指紋認証はないのですが、iPhone 5sをまた使うようになって指紋認証の便利さを再認識しているので、今後購入するスマートフォンは指紋認証機能付きのもの以外は購入しようという気にならないかもしれません。その点P9 liteは合格点以上の指紋認証機能のようです。

デザイン的には5.2インチなのでちょっと大きいですが、縁が狭いこともあって思っていたよりも手にフィットするようですね。縁が狭いのは大事です。側面はアルミフレームですが、背面はプラ素材です。しかし、チープな感じはしないので、このあたりでコストを削りつつ高級感を損なわないようにしているのでしょう。

付属品にはなんとクリアケースがついています。といっても開口部が大きいので落下時に落ちる箇所によってはダメージを受けるタイプのケースです。本体には液晶保護フィルムも貼られていますが、こちらも強化ガラス製のフィルムに比べると心もとないですが、購入して開封した時点ですでにフィルムは貼られていて、ケースもついているという点は至れり尽くせり感が出ています。

Android6.0搭載のミドルレンジモデルの中では、スペック、カメラ、バッテリー、デザインなど見ても29,000円台で購入できる機種ではないので、いかにコストパフォーマンスが高いかわかります。各種レビューでも評価が高く、価格.comの人気ナンバー1になっています。

今AmazonではP9 liteを購入すると、IIJmioのSIMが0円になるキャンペーンや、まとめ買いでケーブルが20%オフになるキャンペーンも実施中。HUAWEI P9 liteは初めてのSIMフリースマートフォンとしても、買い替えの機種としてもおすすめできる1台になっています。銀座に「ファーウェイ・カスタマーサービスセンター」を作り使い方の質問なども気軽できる拠点をおいていたりとサポートにも力を入れていくということでもあるし、Androidのアップデートも適宜してくれそうですから、今後の発展が期待できるメーカーになりそうです。
■関連リンク
ファーウェイ呉波氏に聞く「P9」「P9 lite」の手応え“実質0円終了”がSIMフリー市場の追い風に(ケータイWatch)
トレンドニュース夏スマホ商戦動向:SIMフリー機Huawei「P9/lite」が急上昇! 今週末発売の「Xperia X Performance」にも注目(価格.com)
HUAWEI P9 lite SIMフリー のユーザーレビュー・評価(価格.com)
コスパ最強のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」詳細レビュー!(ASCII.jp)
HUAWEI P9 lite



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Android, HUAWEI, SIMフリースマホ
-

Copyright© 2480GADGET , 2018 All Rights Reserved.