Mac,iPhone,Fireタブレット,Kindle,Echo,モバイルPCのある暮らし

2480GADGET

Android SIMフリースマホ

『Robin』Nextbit社のクライド連携型Android6.0 SIMフリースマートフォンをソフトバンク「+Style」で限定数販売

更新日:

クラウドに使用頻度が少ないデータやアプリを自動でバックアップして本体のストレージ空き容量を増やしていくというシステムのNextbit社のAndroid6.0 SIMフリースマートフォン『Robin』が日本でも発売開始になりました。発売するのはSoftBankが立ち上げた「+Style」です。販売価格は税込みで39,980円。この価格で購入できるのは1,000台ということです。ポップなデザインが目をひくRobinですが、実は性能は非常に優れているんです。

スポンサー リンク

『Robin』のスペック
・149.00x72.02x7.00mm (高さ×幅×奥行)
・重量 130g (アダプターを除く)
・5.2インチ(1920×1080)液晶ディスプレイ
・SoCはSnapdragon 808(8コア)
・メモリは3GB、ストレージは32GB(オンラインストレージは100GB)
・500万画素のフロントカメラ、1300万画素のリアカメラ。素早いオートフォーカス機能を搭載、RAWモードでの撮影も可能
・Type-CのUSBポート
・指紋認証機能、急速充電機能
・OSにはライトカスタムされたAndroid Marshmallowを採用

robin

本体はプラスチック製なので軽いです。液晶のサイズは5.2インチと大きいのですが130g。デザインは四角形でラウンド感ゼロ。ミッドナイトもいい色だと思うのですが、やはりブルーが目をひくミントがいいですね。背面の雲アイコンが可愛いです。その下にはクラウドにデータをバックアップしている時にインジケータLEDが光ります。

性能的にはNexus 5Xと同じです。ただし、RAMが3GBあるのでポイント高しです。指紋認証も爆速ということで使い勝手が良いようです。Type-Cを採用しているところもNexus 5Xと同じです。縦が少しNexus 5Xよりも長いのですが、非常に薄いので手に持った感じはしっくりくるかも。カメラは1300万画素なのでミドルレンジクラスとしては合格ラインですね。

RAMの容量やストレージが32GBあること、スペック的にはNexus 5Xと同等ということから見るとミドルレンジというよりも少しハイスペック機種よりで、価格が39,980円と安めです。ただし、この価格は1,000台限定ということなので1,000台売り切ったら少し価格は上昇するような感じなので、気になる方は1,000台に達しないうちに購入したほうがいいですよ。私もこのデザインは完全に好みだし、保証も1年間は物損以外はあるし、価格もいい感じだしちょっと欲しくなっているのです。いいですよね〜このデザインと配色。こんな感じの個性的で所有欲を満たしてくれそうなスマートフォンはなかなかないですからね。欲しいスマートフォンの第一候補の『Robin』です。
■関連リンク
クラウドで自由を獲得する。サンフランシスコ発の次世代スマートフォン「Robin」



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Android, SIMフリースマホ
-

Copyright© 2480GADGET , 2018 All Rights Reserved.