とりあえずiPad mini中心のモバイル生活をやってみる

HTC Desire 626

この頃は面白いSIMフリースマートフォンがいろいろと出ていてガジェット好きにとっては願ったり叶ったりという状況です。といっても全てのガジェットを購入することは現実的に不可能であります。でもこれ欲しいよね〜という端末ばかりで困ってしまう状況です。

でも、ガジェットといいますかスマートフォンに触る時間は以前よりも減っているのです。そもそも気がつくとポケットからHTC Desire 626を出す癖がついていて、いかんなあと思っていたのですが、試しにメインスマートフォンをHTC Desire 626からMADOSMAに変えてみたらそんなにポケットから取り出すことはなくなりました。

MADOSMAには必要最低限のアプリしかいれていない(必要最低限のアプリしかない?)ので、本当にチェックしたい時にしか取り出さなくなったのです。メールの確認とLINEで連絡が入るときだけポケットから出すという感じになってきました。

それ以外のことはiPad mini 3 でするということになってきます。小さいとはいえiPad miniはポケットには入りませんから、カバンの中にいれておくことになります。そうすると外出時にはiPad miniも必要な時にしか取り出さなくなります。

WP_20160203_14_31_05_Pro

昼食を外食で済ますときや、コーヒーをちょっと飲んで休憩というときに、HTC Desire 626やMADOSUMAもださず、iPad miniも開かないということが多くなると、まわりの風景を見たり、本屋で買った本を読んだりと余裕を持って時間を過ごすようになってきました。タブレットをメインにするとこんな感じになるんですね。ほんのちょっとの時間にスマートフォンでチェックするような急ぎの用事なんてあまりなくって、単に時間つぶしのためにスマートフォンを使っていたんだなあということがわかります。

仕事中などBGMとしてポッドキャストを流すことが多いし、健康のためにウォーキングするときはMADOSMAのポッドキャストを使って再生しAukey bluetooth スポーツイヤホンを装着して聞いているので外にいるときも全く使っていないわけではないけれど液晶画面を見ることが減ってきました。これがなかなかいいです。他のことに費やす時間が少し増えました。

iPad mini 3 を外出時に使うモバイルマシンにすると、本当に必要なときにしか見なくなるし、自宅でもラップトップとMac miniを主に使うようになると作業効率が格段にあがります。スマートフォンを使っていた時間が浮くのでそれを読書等にあてるようにしています。おかげでまたKindleで読書する時間が少し増えました。iPad mini を外出した時のメイン端末にする生活、案外いいです。もちろん、自宅にいる時には完全にネットとMacとPCがないと仕事ができないので、完全にデジタル生活から切り離すことは不可能だし、するつもりもありません。でも、外出しているときくらいは周りの風景を楽しんだり、ゆったりと時間を過ごす楽しさを取り戻したいと思います。手元からスマートフォンを少し放す「プチ デジタルデトックス」生活、そろそろ必要なのかもしれません。