もう一度やってみよう「MacBook Air代わりにiPad Air」

Magic keyboardを購入してMac miniで使い始めたことは前回のエントリーで書きました。Mac miniで使っていたApple Wireless Keyboardが浮いたのでiPad Airの専用外付けキーボードとして使い始めました。Apple Wireless KeyboardでなくてもMagic keyboardでもいいのですが、少々くたびれたApple Wireless Keyboardの方がカバンの中にラフに突っ込んでも気持ち的に問題ないって感じなのでiPad AirにはApple Wireless Keyboardを使うことにしたのです。そうするとなんともまあ快適に文章入力ができるだけことできること。こりゃいい具合!なので再び途中でやめてしまったMacBook Airの代わりにiPad Airを使おうではないか!を再び実践しようかと思います。といってももう手元にはMacBook Airはないのでモバイルノートの代わりにiPad Airを使うといった方がいいですね。

スポンサー リンク

さて、MacBook Airの代わりに使うとしても、全てがMacと同じようにできるわけがありません。その辺りは割り切ってできることとできないことを振り分けていきます。

20140426-234349.jpg

iPad Air+Apple Wireless Keyboard(Magic keyboard)でできること

1, テキスト入力
iOS 8 までのころであればテキスト入力もできることはできるがかいてきに打つことはできないと思っていました。実際に変換候補を消すのにescキーが使えないという致命的な欠点があったためとてもストレスを感じていました。androidタブレットの方がATOKが使えるだけ有利でした。

しかし、iOS 9になり日本語入力環境が進化してやっと普通に入力ができるようになってきました。まあ、まだ細かい部分で気になることはありますが、普通に打てるようになってきたのでApple Wireless Keyboardがあれば文章入力マシンと十分使えると思います。ここはクリア。

2, Safariでサイトを閲覧する
MacBook Airのトラックパッドを使いSafariでサイトを見て回るのは快適です。トラックパッドとキーボードを使ってサクサクとサイトを見るのはいいですよ、本当に。でもiPad Airもそれに匹敵するくらいSafariでサイトを参照するのは快適です。コンテンツを表示させるのはiPad Airも強いです。画面が大きくないのでMacBook Airのように複数のサイトを別々に表示してということは出来ませんが、見るという部分では役立ちます。

これにApple Wireless Keyboard(Magic keyboard)をプラスすると実は意外にキーボードが使えるのです。

それはショートカットです。外付けのキーボードで使えるのですショートカットが増えたのでSafariに限っていえば画面スクロールも矢印キーでできるし、Safariのリーダー表示もキーボードショートカットでいけるんです。ホーム画面に戻ることもできるし、スポットライト検索もショートカットでいけるので、外付けのキーボードとSafariの組み合わせはいいのです。

3, ブログの更新
ブログの更新についてはDropboxを併用することで画像のファイル名の変更やブログにアップロードするこことが簡単にできるようになったのでiPad Airだけども更新作業がはかどるようになりました。アップロードする画像のトリミングや縮小などもiPad Airだけでできるので、慣れるとiPad Airで短時間更新ができるようになってきたのです。今では半分くらいはiPad Airでベースを作ってアップロードという形になりつつあります。

4, カレンダー、連絡先などのいわゆるPIM
これは問題なくiPad Airでできます。過去の予定の検索も純正のカレンダーアプリだと1年間しか検索してくれないので、他のカレンダーアプリを使うことで検索もOKな状態にできます。

5,メール
仕事用のメールはGmailではなくiCloudのメールアドレスに転送するようにしているので確認ができます。個人的には確認だけできればいいのです。返信はMac miniでするので確認できればOKです。ほとんどMac miniの近くに仕事上中はいますから。

iPad Air+Apple Wireless Keyboard(Magic keyboard)でできないこと

1, オフィス関連の書類を新規に作ること
フォントを自由に配置できないのでオフィス関連の書類は最終段階まで仕上げることができません。下書き程度であればできるのですが、完成形までもっていこうと思うと、Mac miniが使えないと所にいる場合はX205TAを使います。

2, 画像管理
Mac miniの写真アプリに全てを任せているのでiPad Airでは画像のファイルをどうこうすることはできません。すると余計面倒なことになります。

今思いつくのはこのくらいです。MacBook Airではありきたりのことしかやっていませんでしたねえ。Mac miniをメインマシンにしてからMacBook Airは持ち運びできるMac版Chromebookのような使い方になってきていたので今ならiPad Airでほぼ代わりはいけそうです。使うか使わないかは別にして、外出時にはiPad Airは必ずカバンに入れています。iPad AirをネットにつなぎたくなったらMADSMAをモバイルルーターとして使います。スマートフォンは今の所MADSMAとHTC desire 626の2台で十分なので、LINEやニュースの確認、Gmailの確認などはHTC desire 626で、Podcast再生とモバイルルーターとしてはMADSMAを、それ以外はiPad Airという振り分けでしばらくはやってみようと思います。またまた長くなりました。これも全てiPad AirとApple Wireless Keyboardで入力をしました。快適に打つことができました。いやあ、使えるなあ〜iPad Air。iPad Air 2 ならより快適なんだろうなあ、いやいやiPad Air 3(仮)が出るまではiPad Airに頑張ってもらうのです。

スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ