SIMフリースマートフォンの面白さとは

Android

この頃興味の対象がSIMフリーのスマートフォンやSIMスロットが内蔵されているPCや11.6インチから13インチのモバイルPCなどに移っています。特にSIMフリーのスマートフォンが2015年にはたくさん出現しました。この状況は数年前に望んでいた状態です。この後押しになったのがMVNOのSIMであることは間違いなく、ウイルコムの980円SIMで低速通信をしていたころと比べると、価格は同じで速度は比べるようもなく高速で使えるようになりました。

ウイルコムのSIMを使っていた頃にいいなあと思ったのが、SIMは1枚で、それに対応している端末さえ揃えれば使い回しができるということです。もちろんロック解除なんて面倒なことなしにです。これが良かった。このごろ億劫になってきたことは店頭で回線を契約したり、機種変更したりすることです。数年前はあまりそんな気持ちもなかったのですが、このごろは本当に店頭で書類を書きたくないですねえ。時間もかかるし。オンラインですませばいいのですが、それだと一括0円の案件などに出会えないし。とにかくもう仕事用の音声端末以外はキャリアでの契約はやめようと思っていて、徐々にその方向に向かっていった2015年でした。

自分のiPhone 5s は最低限のパケット定額にきりかえ常にフライトモードにしていて寝かせている状態になっていますが、HTC desire 626はmineoドコモプランで運用し、MADOSMAはIIJmioで運用しています。奥さんの回線は音声通話用のauガラケー(500円弱で運用)+HTC desire 626(OCNモバイルONE )にして2台で1600円くらい。以前はiPhone 4sを使っていてそのときは4000円ちょいかかっていたので半額以下になりました。

そうなんです、SIMフリースマートフォンを使うとランニングコストが劇的に下がります。高速通信3GBくらいでよくってとりあえず音声通話もつけといても1600円くらいですよ、毎月。でもいくら毎月の料金が安くてもスマートフォンの本体代金が10万近いとキャリアで契約した場合とそんなに変わらなくなるので、ミドルレンジSIMフリースマートフォンの出番なんです。いまや2万5千円前後で手に入るのですよ、ミドルレンジなら。

IMG_0290

SIMフリースマートフォンが25000円として3GB+音声通話が1600円と仮定すると通信料は1600円×24ヶ月=38400円です。これに本体代を足すと63400円です。2年間で。これを24ヶ月でわると2642円です。この価格は今我が家の次男坊のiPhone 5sで毎月払っている価格と同じくらいです。iPhone 5sは一括0円で契約しておまけに学割やスマホBB割などをフルにきかせた結果の毎月の使用料金になっています。

一括0円の端末を契約して、毎月に使用料金からスマートバリューなどの割引がきき、おまけにMNPでののりかえでの割引をいれればまた3000円弱で毎月いける契約ができるかもしれませんが、面倒なんですよねえ。

その点SIMフリースマートフォンはAmazonならワンクリックで翌日には早ければ届いて、SIMをさせば「はい、完了!」なのです。この手軽さを知ったら店頭には足を運びたくありません。そうこの手軽さがいいのです。

あとは3万円前後のSIMフリースマートフォンであればそこそこ不満もなく動くということです。したいことが問題なくできます。主にAndroidスマートフォンということになりますが、本当に使いやすくなりましたよ。iOSにあるメジャーなアプリはAndroidでもあるし、SDカードが使えたり防水防塵のスマートフォンもあるし、自分の好みに応じて端末を選べるのがいいです。

長い目で見るとiPhoneの方が売却するときに高く値がつくので、安価なスマートフォンをころころとかえていくよりは良かったりするのですが、とにかくガジェットが好き!という人間にとってはころころ気軽にかえたいじゃないですか。それを可能にしてくれるのが、2016年もAndroidのSIMフリースマートフォンではないかと思っています。

もちろんWindows 10 Mobileにも期待はしているのですが、完成度の高さはAndroidです。6.0の端末も増えるでしょうし、いじる楽しさもあります。

とにかく、手軽に購入できて(それもパッケージ料金は2000円をきるものもあるし、毎月の通信料も1000円から2000円ほど)さくっと契約できるMVNOのSIMと、Amazonやその他、量販店の店頭で購入するだけでいいSIMフリースマートフォンはコストも下げられるし、気に入らなければ容易に乗り換えられる手軽さ、それでいて性能はいいのでいじるのは楽しいのであります。なんといいますか、契約を含め自分でコントロールできるのがいいのです。

SIMフリースマートフォンとMVNO SIMでモバイルをかため、タブレットではなくMacBookかWindows 10 のモバイルPCを持っておけばもうそれでいいのではなんて思っています。(iPad Airでブログ更新できるぞって喜んでいたのですがね)2016年はますますSIMフリースマートフォンが面白くなりそうです。端末自体もまだまだ出てきそうなのでいろいろと楽しみたいと思っています。数年前にこうなればいいなあとおもっていた環境にやっとなってきたなあ。

HTC Desire 626 SIMフリー スマートフォン ブルー DESIRE-626-BL
HTC (2015-10-17)
売り上げランキング: 59,386