Nexus7(2013) LTE をAndroid 6.0 MarshmallowにアップデートしたときのMVNO SIMの通信は大丈夫?

Android

Nexus7(2013) LTEを5.0.2にアップデートしたときにはMVNO SIMで通信が不安定になるという症状がありました。今回は5から6へと大きなアップデートなので、通信状況がどうなるか、少々心配でした。なかなか電波をつかまないのではないか、途中で突然切れてしまったりいないかと考えていたのですが、6.0にアップデート後、1つだけ設定をする部分はあったものの、その後は問題なく通信ができています。

6.0 Marshmallowにアップデートする前、5.1.1の時にmineoのSIMを使うためにAPNを新規にmineo用に設定し、問題なく通信できることを確認しました。そのあとすぐに6.0 Marshmallowが降ってきたのでそのままアップデート。アップデートが終了し、アプリの最適化もすんで、さあ使おう、いやいやそのまえにモバイルデータ通信ができるかどうかの確認だ!とmineoのSIMをさしたままアップデートしたので通信できるかどうか確かめないといけません。

画面上部のアンテナを確認すると、あれ?圏外マークになっている!これはまたまた不安定通信か?

でも、そんなときは慌てず騒がずに設定を見直します。
設定から

無線とネットワーク→もっと見る→モバイルネットワーク→アクセスポイント名

と確認してみると、やはりAPNのところで、mineoのチェックが外れていました。

mineoNexus7_c

mineoNexus71_c

mineoのところをチェックすると、無事電波をつかんでくれました。4Gでの通信も問題なくできるようになりました。5.0.2の時はなかなか厄介でしたが6.0 MarshmallowはAPNの確認だけすれば通信は大丈夫なようです。Androidも6.0 Marshmallowになって地味ながら細かなところで相当数アップデートされているようで、一つ一つ確認するのも面白いです。ということで6.0 MarshmallowにアップデートしたNexus7(2013) LTEは通信OKという確認でした。検証はmineo Dプランでのみの確認です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AndroidMVNO SIMNexus 7
2480GADGET