IIJmioのSIMをmicroSIMからnano SIMに変更してみた

IIJmio

IIJmioも10月末までSIMのサイズ変更とプラン変更の手数料が無料だったので、今使っているマイクロSIMをnanoSIMに変更してSMSのオプションをつけてみることにしました。サイズが一番小さなnanoSIMは使い回しができるので便利なことこのうえないのです。なおかつSMSオプションをつけておけば、モバイルルーターでもスマートフォンでもアダプターをかますだけで使えるのです。機会があればIIJmioのmicroSIMをSMSオプションつきへと考えでいたので、今回のキャンペーンはタイムリーでした。

しかし、このキャンペーンに気がつくのが遅くなったので変更申請が遅くなってしまったのですが、昨日、IIJmioから変更したSIMが届いたので使ってみることにしました。

スポンサーリンク

SIMカード交換手続きから到着まで

10月30日にSIMカード交換手続きをWEB上で行いました。この辺りはmineoと同じなので特に問題はなく順調に手続き完了です。その日のうちに手続き完了のメールが来て1週間前後で届けるということなので、気長に待つことにします。その後、IIJmioから連絡があったのが11月3日です。発送完了したという旨のメールで到着は4日の午後です。ヤマトさんが届けてくれました。

スポンサーリンク

パッケージ

2015-11-04 14.45.44

こんな感じのマルいパッケージに今はなっているのですね。中にはお馴染みのSIMが入っています。

2015-11-04 14.46.20

スポンサーリンク

どの端末にさすか

今のところ手持ちのスマートフォンでdocomo系nanoSIMのものはiPhone 5cがあります。奥さんが使っていたものですが、奥さんもHTC Desire 626 ピンクにかえたので休眠状態になっているので5cにさしてもいいかもしれません。と言ってもnanoシMをmicroSIMに変換するアダプターを追加で注文したので、これがきたらモバイルルーターにmineoのSIMをさし、HTC Desire 626にはIIJmioのnanoSIMをさすことにしました。IIJmioのSIMは3GBのプランなので、いまやメイン端末となっているHTC Desire 626にはピッタリの容量です。

HTC Desire 626にさすとIIJmioのAPNはプリセットされているので、特に何をすることもなくIIJmioを選択すればそれでOKです。いやあ簡単ですねえ。これは便利。mineoの時はAPNは設定をしなければいけませんでしたが、今回はさしてAPNを選んで終了です。問題なく快適にIIJmioのSIMはつながっていますよ。これでMVNOのドコモ系のSIMはIIJmio,OCNモバイルONE,mineoともにnanoSIMになりました。au系のSIMはなくなりましたが、ドコモ系が3枚。そのうち1枚のOCNモバイルONEは奥さんが使っているので、他2枚は自分用として色々な端末にさして楽しみたいと思います。