4K解像度21.5インチ iMacも魅力的ですがMagic KeyboardとMagic Trackpad 2にも期待大なのです

Apple

噂によると10月13日に新しい4k解像度の21.5インチiMacが発表されるのではないかと言われています。明日になれば真偽ははっきりとするのですが、個人的にはiMacも魅力的なのですが、そのアクセサリーであるMagic KeyboardとMagic Trackpad 2が待ち遠しいのです。

新しいMagic KeyboardとMagic Trackpad 2は4kのiMacとともに発表されるとされています。この噂が本当だとすると明日には新しいMagic KeyboardとMagic Trackpad 2の詳細が分かるということです。これは待ち遠しい。

41M5U4948NL

まずはMagic Keyboardです。Apple Wireless Keyboardに変わるものになるのか、Magicとついているので、トラックパッドがくっついているものになるのかはわかりませんが、私は新しいMacBookと同じキーボードであればいいなあと思っています。薄くて押し込みが軽いキーボード。この頃深く押し込むキーボードは苦手になってきているので、新しいMacBookくらいのキーボードの軽さがいいのですよねえ。

次はMagic Trackpad 2です。今Mac miniで使っているトラックパッドはロジクールのもので純正のものではありません。ロジクールのトラックパッドも使いやすいのですが、やはり純正のトラックパッドにはかなわい部分があるのではないかと思っています。若干誤動作があるのです。スクロールさせているつもりがピンチアウトになってしまったりして突然画面が拡大されたりと、たまにこんなことがあるのです。純正のトラックパッドではこのようなことがないような気がするし、感圧タッチに対応となるでしょうから、出たら欲しいのです。

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2ともに発表されたら購入する予定です。Mac miniでも使えるだろうしMagic KeyboardはiPad Airでも使えるでしょう。そうなるとiPad Airでのさらに文章の入力がはかどるような気がします。問題は価格ですが、今のものよりもそんなに高くはならないような気がするのですがどうでしょう。2つで18000円くらいまでなら即買いかなあ。明日が楽しみです。発表されて欲しいですねえ。
■関連リンク
もうすぐ登場? Magic KeyboardやMagic Mouse 2、Magic Trackpad 2の証拠が見つかる
Appleの新型マウスやキーボードの名称は「Magic Mouse 2」と「Magic Trackpad 2」と「Magic Keyboard」で確定か

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleMacMac mini
2480GADGET