Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

Apple Mac mini MacBook Air

El Capitanにアップデートしてライブ変換を試してみる

投稿日:

Mac miniのOSをやっとこさEl Capitanにアップデートすることが出来ました。ソフトウェアアップデートがまだアップデート中なので全てが完了したというわけではないのですが、ほぼアップデートは終了という感じになりました。メモもiCloud対応にアップグレードすると自動的にiPad Airのメモもアップグレードされました。

スポンサー リンク

さて、試したかった文字入力のライブ変換です。このブログの下書きをMac miniとSimple noteを使って書いているので、この組み合わせで打ってみます。打ち始めの最初は変換がぎこちなく遅延が起こっていたのですが、3行ほど打っていくと変換のスピードが実際の入力についてきて打った途端に変換が始まります。

『これは素晴らしい!』

今までにない感覚で入力をすることができます。まだ慣れていないのでついついスペースキーを押してしまいそうになりますが、スペースキーを押さないで済むということは、なんとも効率的に入力できるということがわかります。

日本語入力はただでさえ余分にキーを押さないといけないので、変換をするためのスペースキーを押さないで済むということは時間的にも素早く入力ができるので結果的に効率が上がるのです。

このライブ変換はどのようなものかをあらためて説明するこんな感じです。キーボードで文章を入力すると単語を打ち終わると同時に変換が始まります。単語によっては最後のひらがなを打つ前に予測して変換を済ませてくれるので、打った途端にもう漢字に変換されているというものです。

この文章はMac miniで打っているのでライブ変換を使っています。変換の精度は極めて高く、文章の前後から予測し学習してくれるようで、使えば使うほど自分の意のままの変換が可能になるというものですねえ。

ElCapitan

これに慣れると他のマシンで文章を打つのがちょっと違和感を覚えるレベルになるかもしれません。実際、これだけの量の文章を打っていると、慣れてしまいスペースキーを押すことはほぼなくなりリターンキーだけを押して確定すれば済むという感覚はいいですねえ。iPadやiPhoneは予測変換というものでカバーをしていますが、MacやPCの場合は予測変換ではないので、今回のEl Capitanのライブ変換は予測変換に代わるものとして、いやそれ以上の便利さを見せつけてくれています。

使っているMacがMac miniでメモリが8GBあるので変換の遅延などは全く感じないのですが、MacBook Airなどの少し前のモデルだと重く感じるという意見も見受けられました。気持ちよく文章が打てるということはやはり大切で、なおかつ変換精度が高くスピーディに自動変換してくれればいうことがありませんね。ことえりの変換精度はお世辞にも良いとは言えないというのはYosemiteより前の話で、Yosemiteになってから特に変換がうまくいっていないということも感じなくなったので、今回のライブ変換は非常に使い勝手が良く、今までよりも格段にスピードがアップしています。これは本当にEl Capitanが動くマシン以外では入力するのがかったるくなるかもしれません。それほど気に入りましたよ、ライブ変換。

iPadとiPhoneでの変換は入力形式がタップが主体なのでiPad AirからMacに切り替えてもそんなに違和感はないと思いますが、Macで文章を打っていて、そのままWindows PCに切り替えるとずーっとスペースキーを打たないままになりそうです。慣れるとこのライブ変換は癖になり、文章入力の時間が本当に短縮するので素晴らしいのではないかと一人ひそかに興奮している次第であります。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Apple, Mac mini, MacBook Air

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.