Apple PencilがiPad AirやiPad miniで使えるようになればいいなあ

Apple

iPad Proの実機のレビューが上がり始めていますね。タブレットとしては強烈な画面サイズ12.9インチに目がいってしまいますが、Apple Pencilと組み合わせた使い方が今までとは違った使い方を見せてくれそうですよ。そのためにはiOS 9は必要不可欠。iPadのためのアップデートの部分も多いし、iOS 9で動くiPad Proを11月に早く触ってみたいという気になっています。

というものの、実際問題としてiPad Proを購入するかというとちょっと即決で買う!とはいえないタブレットです。用途によりけりですがクリエイターの皆さんにとっては魅力的に映るはずです。使っていただきたいタブレットです。

でも個人的にはiPad Airの代わりに使えるかというとちょっと今は無理だと思います。持ち歩きしづらい大きさだからです。重量は思った以上に軽いと感じるらしいので重さの部分は大丈夫でしょうけど、12.9インチは大きいので自宅に常駐させておくことになりそうだからです。しかし、iPad ProとApple Pencilは使ってみたい組み合わせですよねえ。大きな液晶画面にスラスラとまるでペンで紙に書くようにスケッチができたら、メモができたら、とても便利ではないかと思うのです。本当の意味での紙とペンにかわるものがこのiPad ProとApple Pencilのような気がするからです。でもさすがに大きいし、価格がMacbookなみになります。手軽に確かめることができにくいなあと思います。

ApplePencil

それならiPad Proに比べて軽いし小さいiPad AirやiPad miniでApple Pencilが使えるようになればいいのに、いや次期iPad AirではこのApple Pencilが使えるようになるのではないかという予感はしますが、今のiPad Air 2でもiPad mini 4でも使えません。現行モデルではApple Pencilに対応していないんですよねえ。

今でもスタイラスは多く出ていますが、Apple Pencilは別次元。本当に紙に書いているようにディスプレイに書くことができるようです。単純なメモでもその感覚はいきてくるでしょうし、アイディアのラフスケッチなんかもすらすらとできればおもしろいです。

iPad上に書いたものはデジタルデータなので、そのままiCloudなりその他のクラウドサービスに即アップするようにしておけば、メモはどこに?といったことも防げますよね。今回の発表ではいろいろと注目する製品が多かったと思いますが、Apple Pencilがすごいものであるということが今になってじわじわと理解できてきました。本末転倒ですが、このApple Pencilを使いたいがためにiPad Proを買う!という人が出てきそうなそんな魅力的はApple Pencilを使ってiPad AirやiPad miniでメモをとってみたいなあと思うのです。