NEC Aterm MR03LNとiPhone 5sとの切っても切れない関係は

iPhone

iPhone 5sはやはりその絶妙な大きさでポケットにすっと入る感じは本当に捨てがたいですねえ。iPhone 6も慣れればたぶん思っている以上に手に馴染むのではないかと考えているのですが、今のところiPhone 5sの大きさが気に入っています。だから毎日ポケットの中に入れて持ち歩いているのです。

とはいうものの、今使っているiPhone 5sはソフトバンク回線で契約しているものなのですが、パケットの定額を最小限のプランにしてWi-Fiオンリーで使っているというイレギュラーは使い方をしています。

MVNOのSIMを使っていると通信料に4、5千円かけるのがなんだかもったいなく感じてしまってランニングコストカットで2段階のプランに変更し運用を開始したのが4月21日からです。あれからもうすぐ2ヶ月がたとうとしていますが、Wi-Fiでの運用は続いています。

電話もかけないし、かかってこないので(通信用の回線と考えていたので、iPhone 5sの番号は家族以外知らせていないのです)フライトモードで運用して間違ってモバイルデータ通信をオンしないように防御しています。

こんなことができるのも、iPhone 5sはメインの通話用の回線でもなく、メールアドレスもソフトバンクのものは一切使っていないという完全にiPhoneを動かすためとスマホBB割のための回線なのだからです。

自宅内と仕事場では完全にWi-Fiの電波を掴んでいるので普通にiPhoneは使えるのですが、問題は外出時です。そんなときの強い味方がNEC Aterm MR03LN。このモバイルルーターが外出時には大活躍してくれるのです。

NEC Aterm MR03LNにさしているSIMはIIJmioのSIMです。高速通信が毎月3GBついてくる一番安いプランです。3GBで十分なのです。6月の中旬ですが、今確認すると、今月の残量が5.8GBもあるし、1ヶ月3GBを使い切ることはまずないでしょう。本当に十分なのです。

IMG_2195

ただモバイルルーターでの運用というと気になるのが荷物が外出時に増えるということ。カバンなどを持ち歩かない近場に出かけるときにもiPhone 5sをポケットに突っ込むんだったら、NEC Aterm MR03LNもポケットに突っ込まないといけないということです。

最初、これはどうかなあ、面倒になってそのうちiPhoneのパケットを使うようになるかなあと思っていたのですが、いやあ、慣れるとなんてことはなくなりますね。財布を持つのと同じ感覚でNEC Aterm MR03LNをポケットの中に入れるようになりました。

NEC Aterm MR03LNが小さくて軽いのでその辺りもさほど気にならず突っ込むことができるのでしょう。バッテリーも10時間は持ってくれるだろうし(実際にNEC Aterm MR03LNのバッテリーが切れるまで使ったことがないので実測ではないのですが)1日使うには問題ないのです。

モバイルルーターの電源さえオンにしていれば常にiPhone 5sとLTEでつながっているので、本当に快適に通信ができています。iPhoneがメインの回線であればこんなことは出来ないと思うのですが、サブの回線でiPhoneを契約しているので、このようなNEC Aterm MR03LNを相棒にする運用法ができるのでしょう。

iPad Airも日曜日に来ることだし、更にNEC Aterm MR03LNに頼る部分が多くなりそうです。この頃はスマートフォンのテザリングでなんとかしようという方は多いと思うのですが、MVNO SIMとモバイルルーターという組み合わせを1つ持っておけば何かと便利です。

万人にはおすすめしない使い方ですが、このようなわけでiPhone 5sとNEC Aterm MR03LNは切っても切れない間柄になっているのでした。