iPhone 5s のプランを「パケットし放題フラット for 4G LTE」から「パケットし放題 for 4G LTE」に変えて大幅にコストダウンを図る

iPhone 5s は今となってはコンパクトなボディで扱いやすく毎日ポケットの中に入れています。しかし、外出時時にそんなに通信するわけではありません。というのも外出時にネットで確認したい場合はmineoのSIMをさしているXperia Z Ultra SOL24を使うことが殆どです。おまけに通話は全くしません。通話用のケータイがあるからです。このような使い方なので毎月支払っている5200円のパケット定額料金がどうにかならないかと思っていたのでした。

スポンサー リンク

ということで、契約プランを見直すために、ソフトバンクショップに行き、いろいろと料金の計算をしてもらってプランの変更をしました。

今までの契約は
ホワイトプラン(コール) 934 円
パケットし放題フラット for 4G LTE(プログラム)5,200 円
スマホBB割 割引特典 -434 円
S!ベーシックパック(i) 300 円
テザリングオプション 435 円
ホワイトBB(通常タイプ) 1,886 円
ユニバーサルサービス料 2 円
月月割 -2,000 円

合計6323円にAppleCare+の400円を足して6723円といったところです。これに消費税等がかかるところはかかるので支払額ではありません。

そして今月分からは
ホワイトプラン(コール) 934 円
パケットし放題 for 4G LTE 2,000 円
S!ベーシックパック(i) 300 円
ホワイトBB(通常タイプ) 1,886 円
ユニバーサルサービス料 2 円
月月割 -2,000 円

合計は3122円+AppleCare+分で3522円です。さしひき3201円コストカットできました。パケット定額プランを二段階のものに変更するためにはオンラインではダメなようなので今回はショップに行き手続きをしました。テザリングも全く使っていなかったので外してオプション関連はAppleCareだけ残しました。

店員さんに「くれぐれもパケット通信には気をつけてくださいね」と念押しをされました。今はモバイルデータ通信をオフにして、なおかつフライトモードにしてWiFiオンリーで使っています。iPhone 5sの回線に電話がかかってくることもないし、SMSも家族間のiMessageだけですから問題ないのです。外出時にはモバイルルーターAterm MR03LNの電源をオンにしてして携行しているので、これでOKです。Aterm MR03LNは外出時にはかならず持ち歩いているので特に面倒だという感じがないのでよしです。

419RwQTGapL

外出時のネット利用がXperia Z Ultra SOL24メインなので、このようにプランを変更してコストカットができました。今はMVNO SIMの価格とサービスが良くなってきているでの、キャリアで契約した通信料が同じキャリアを2年以上使う場合、余計に高く思えてきます。コストを低くおさえられるところはおさえて、MVNO SIMかうまく使ってモバイルでの通信を楽しもうと思います。

今回のプラン変更は自分にとっては正解でした。自分だけの回線であればそんなに細かく考えないのですが、自分の名義で家族分全てを契約しているので、年単位で考えると結構な額を通信料で払っているのです。複数回線を契約している場合は、現在の契約を見直してみると、MVNO SIMを導入することで数千円下がる場合もありますから賢く利用したいものです。

ゆくゆくは通話用のケータイ以外は全てMVNO SIMに切り替えようと思っているのですが、これは今後2年内に実現できればいいかなあと考えています。

OCN モバイル ONE【SMS対応】マイクロSIM 月額1,020円(税抜)~
NTTコミュニケーションズ (2013-12-17)
売り上げランキング: 98
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらもどうぞ