Mac OS X 10.10.3 YosemiteのアップデートでMacの起動にめちゃくちゃ時間がかかる時はこれで解決

Apple

Mac OS X 10.10.3 Yosemiteにアップデートしました。新しい「写真」アプリに戸惑いながらも、特に不具合もなく使うことができています。ただ1点だけ。起動にやたらめったら時間がかかるようになりました。「じゃーん」と起動音はなるのですが、一向にりんごマークがでないので、あれ、ブートできていないのか?と一旦強制的に電源を切らないととパワーボタンを長押ししようかなと思ったくらいにやっとりんごマークがでる状況です。

これは明らかに変なのでMacBook Airがまたぶっ壊れたか?と思ったりしたのですが、ググってみるとどうやらOS X 10.10.3 Yosemiteのアップデートでの不具合みたいです。

対処法もこの方法が一番効くようで、私もこれで起動時間が爆速にもどりました。

起動時間激遅から爆速に戻す方法
「システム環境設定」を開きます。

起動1

「起動ディスク」を開きます。

起動2

「コンピュータの起動に使用したいシステムを選択」で「Macintosh HD OS X 10.10.3」(今起動に使っているディスク)をクリックして選択します。
「再起動」をクリック。

これでアップデート前の起動時間にもどります。

念のためにPRAMクリアもしておいてもいいかもしれません。私のMacBook Airは上記の方法だけで起動時間が短くなったのでPRAMクリアはしていません。アップデートしてからやたらと起動に時間がかかるなあという場合はお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleMacMac miniMacBook Air
2480GADGET