写真アプリでExif情報が簡単に確認出来る『ViewExif』はずーっと探していたアプリだった

iPhone、iPadの純正写真アプリはよく使うのですが、1点だけAndroidの方がいいなあと思っていたことがあります。それは写真や画像の解像度やファイルサイズなどの「Exif情報」が簡単に確認できないことです。Androidの場合は比較的かんたんに確認することができます。
でもiOSの場合はすぐ確認ができないんですよねえ。

スポンサー リンク

Androidの場合はフォトで画像を出して、右上をタップ→「詳細」をタップ
これで「情報」が簡単に確認できるのです。

iPhoneやiPadの場合はというとアプリを使って確認するしかなく不便だったんですねえ。日頃使っている写真アプリで簡単に「Exif情報」が確認できればいいのになあと思っていたのですが、見つけましたよ、これを叶えてくれるアプリを。

そのアプリは『ViewExif』です。

ViewExif11

使い方は簡単です。

『ViewExif』をインストールします。

「写真」アプリを開いてどの写真でもいいので選択します。

ViewExif1

左下のオプションを選択する↑のアイコンをタップします。

「・・・」のその他をタップします。一番下段の「・・・」です。その上にも「・・・」がありますが、一番下の「・・・」をタップしてください。

アクティビティの画面になるので「ViewExif」をオンにします。

ViewExif2

これでOK。

ホーム画面にある『ViewExif』のアプリアイコンをタップしてもマニュアルがあるだけです。写真アプリ内で使うようになるので便利なのです。

さあ、それでは写真の情報を見てみましょう!
「Exif情報」を見たい写真を選択します。

先ほどと同じように左下のオプションを選択する↑のアイコンをタップします。

ViewExif3

するとグレーのアイコンの列に『ViewExif』のアプリアイコンがありますから、それをタップします。すると「Exif情報」が出現します。簡単にアクセスできるようになりました。他のアプリを経由して確認しなくても、写真を見ている時に確認ができるようになりました。

ViewExif4

これだけではありません。『ViewExif』で「Exif情報」を表示しているときに左上に表示されているオプションを呼び出す↑アイコンをタップすると「Exif情報」をつけてシェアするか、「Exif情報」を消しててシェアするかを指定してからSNSなどに投稿できるようになります。これも便利です。

iPhoneやiPadでも『ViewExif』を使うことでやっとAndroidと同じように「Exif情報」をすぐに確認できます。『ViewExif』は写真アプリを使う上で必携のアプリだと思います。標準状態でつけておいて欲しいくらいのお役立ちアプリです。

ぜひお試しください。

『ViewExif』はこちら↓
http://www.skyjos.com/

スポンサーリンク

フォローする