Dell Chromebook 11 はでっかいpomera+αだと思って使うのがいいかもしれない

Chromebook

Chromebookはそんなに爆発的にはやっていることもなく、たぶん周りの人に「Chromebookって知ってる?」と聞くとたぶんほとんどはしらないという答えになるでしょう。そんなマニアックなChromebookですが、今後じわじわと浸透してくるのか、静かにいなくなるのかは未知数です。

私自身もDell Chromebook 11を使っていますが、できない部分が結構あるため、時にMacBook Airに戻そうかと考えるときも正直あるのですが、用途を限定することでChromebookをうまく使えるのではないかと思っています。

Chromebookの良い点はとにかく起動も終了も早く、もちろん、スリープからの復帰なんてスマートフォンやタブレットと一緒で一瞬で作業が再開されるキビキビ感が魅力です。基本ブラウザ上での処理なので、ページを開いての作業になるので、インターネットに繋いでサイトを見ながら文章を打つという作業にはもってこいではないかと思うのです。

1ヶ月ほど使ってみて、Chromebookはサイトを参照しながらの文章書きに特化したノートパソコンとして使うのが一番いいような気がします。

Dell Chromebook 11 のキーボードは打ち心地がいい
キーボードがわりとしっかりとしていて反発力もいい塩梅で打ちやすいキーボードなのです。値段のわりにはボディがしっかりとしていることもあり、テキストを打つときの打ち心地は個人的にはすごく気持ち良いキーボードです。

日本語変換は問題無い
Googleの日本語変換を使っているので、日本語を変換するとちぐはぐな変換候補がでるようなことが少ないので、快適に日本語を打つことができます。日本語変換が賢くないと、いくらキーボードが良くても打つ気が無くなってしまいますからね。その点Chromebookはいいと思いますよ。

テキストを打っているときにサイトを参照できる
テキストを打つときにはWriteboxというアプリを使っていますが、これはブラウザとは別のウインドウで開くのでブラウザのページを見ながらテキストを打つということができるので、パソコンライクに打つことができるのです。これが非常に便利です。

とここまで書いてお分かりのように、Chromebookはブログの投稿用のマシンとしてベストなのです。バッテリーも長時間持つので1日は余裕で電源ケーブルなしで使えます。WiFiの環境さえあれば、ネットワークに繋いでサイトの情報を確認しつつ、ブログに上げる画像を編集しつつ、文章を打つことができます。

MacやWindowsと同じことをしようと思うとできないことが目に付いたりするので、できる部分を最大限に活用するという方向でChromebookは使うのが良いと思います。

それ以上のことがしたくなったら、3万円台のWindows モバイルPCを手に入れた方がいいと思います。

個人的にはブログの投稿といろいろなないとを見るときにChromebookを使うので、32GBのChromebook用に購入したSDカードもMac miniにさして簡易バックアップ用で使うことにして、Chromebookでは内蔵のSSDだけで過ごしています。

今のChromebookに望むことはフォントを自分の好きなものにかえられればいいなあということと、重量を1kgジャストくらいにしてくれたら、より持ち運びがしやすくなるなあと思います。

普段、MacなりWindows のノートPCをテキスト打ち(横書き)とネットブラウズにしか使っていないなら、Chromebookは道具として使えると思います。それ以上のことをするつもりなら、MacなりWindows のノートPCを選択する方がいいでしょう。

Chromebookはキングジムのポメラ+αのような使い方ができるので、「ブログを書いている方」「文章を多量に打つ方」に道具としてお勧めしたい一品です。

キングジム デジタルメモ ポメラ  DM100 ブラック
キングジム (2011-11-25)
売り上げランキング: 1,239
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
2480GADGET