Dell Chromebook 11ではSDカードがほぼスロット内におさまります

Chromebook

文章を打つ時とネットを散策するときはDellのChromebook 11を使っています。特に文章を打つときには非常に快適に入力ができるので重宝しています。気を遣わずにガンガン使えるので楽ですねえ。しかし、Chromebookはストレージが16GBしかありません。16GBといっても実際に使えるのは10GBくらいのものです。

私のChromebookはアプリを入れたあとの段階で9.7GBほどの空きです。ファイルや写真はCloudへということですが、Cloudではなくローカルに保存したい書類などもあるのです。それを残り9GBのストレージに入れておくのはいかんなあと思ってAmazonでこれを購入しました。

Dell Chromebook 11のSDカードスロットはChromebook C720のようにSDカードが飛び出さずにほぼスロット内に収まります。

ChromebookSD

1mmほどスロットから出ているのですが、このくらいであれば不用意にSDカードが飛び出すということもないでしょう。ここ4日ほどさしっぱなしですが問題はないです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)にしたのは転送速度が決め手です。Lenovo G570にもSDカードをさしているのですが、このカードの転送速度がやや遅く、ファイルのコピーで時間がかかってしまうので、次にSDカードを買うなら転送速度の速いものにしようと思っていたのでした。

いつものように検索をかけてレビューを読み、問題がさほどないことを確認して注文です。実際に使ってみましたが、大容量のファイルをコピーしても速く処理してくれるのでストレスがないです。価格も十分納得の価格なのでこれはいいのではないかと思います。

Transcend SDHCカードにはMac miniの中に入っている写真と動画を入れています。動画もDell Chromebook 11で十分楽しめます。メモリが2GBですが、もたつくこともなく再生してくれます。

写真は閲覧用のアプリがないので、ファイルアプリで一覧にして見ています。ただMac miniからコピーしたのでドットから始まるファイルもいっしょにコピーされたため、「表示不可」になる場合が多く、該当ファイルを削除しないといけないのが若干面倒です。

これでDell Chromebook 11の環境も整いました。あとはガンガン使うだけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
2480GADGET