Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

Android iPad mini Xperia Z Ultra

MacメインだけれどスマートフォンはAndroidでタブレットはiPad mini の心地よい関係を構築

投稿日:

Xperia Z Ultra SOL24を購入したのが7月4日。それから4ヶ月が経ちました。ここ1週間ほどはiPhone 5の代わりにXperia Z Ultraを持ち歩き、この6.4インチの大きな端末がiPhone 5の代わりになるのかを実践しています。車で外出するときには、Xperia Z Ultraに加えて、iPad mini 2 + Aterm MR03LN(IIJmio SIM)を鞄に入れて、いつでもiPad mini 2はネットに接続できる状態にして持ち運びます。

スポンサー リンク

このスタイルにだんだんと慣れてきて、外でiPad mini 2を使う頻度が高くなるにつれて「iPad miniはいいなあ」と実感しています。これならセルラー版を手に入れても良かったかもと思わなくはありませんが、Aterm MR03LNはMacBook Airでも使えるし、来年新しいiPad miniが出て、今のiPad miniを買い換えるときにも、WiFi版はよりお手頃価格で手に入れて有効活用することができるので、これはこれで良いと思います。

前投稿で書いたように、iPhone 6の価格が上がってしまった関係で気軽にほいほいとSIMフリー版を買いにくくなりました。またiPhoneの白ロムはAndroidスマートフォンに比べて高値安定なので、docomo版の白ロムを手に入れようと思っても意外に値段が下がらないのです。売る方としてはiPhoneを大切に使っていけば、新しいiPhoneに切り替える時にいい値段で売却できますからなかなかありがたい端末ですが、買う場合はその逆なのです。

しかし、スマートフォンをAndroidにしておき、タブレットをiPad やiPad miniにするというパターンがMacをメインに使っている場合でもおすすめなのです。

現在MVNOのSIMがだんだんと浸透しつつあり、店頭でもどんどんと販売されるようになってきました。量販店などには「格安スマートフォン」のコーナーもできていてSIMフリーのスマートフォンを使うというスタイルもありだなというくらいの認識はされてきたのではないかと思います。

その中でもZenfone 5は値段のわりに質感が高くおすすめのSIMフリースマートフォンのようです。Nexus 5も今Google Playでは在庫切れになっていますが、そのうち新しいカラーで登場するでしょう。Nexus 5ならGoogle Playで4万ちょいから購入できます。

これらのSIMフリースマートフォンを使うのもいいのですが、日常持ち歩くものですから、防水防塵機能はあったほうがいいでしょうね。

そこで、docomoとauで販売されているスマートフォンに目をつけるのです。docomoのスマートフォンは今広く浸透しつつあるMVNO SIMが使えます。様々なSIMが出ています。選ぶのに困るくらいです。auのスマートフォンはmineo一択です。そのかわり白ロム価格がdocomoに比べてお手頃です。docomo auともに防水防塵機能を有したスマートフォンが多いので、自分にあった端末を選ぶことができます。

MacがメインだからスマートフォンがAndroidだと連携が難しいのではないかと思いがちですが、今は連携が随分と楽になってきました。Googleのサービスをメインに使っている場合は特に問題なくカレンダーや連絡先は同期できますし、iCloudをメインに使っていても有料アプリを使うことで同期の問題はクリアできます。

フォトストリームが非常に便利なので、日常的に使っていますが、そのままiPhotoに反映できるAndroidアプリはまだ探せていませんので、DropboxやOneDriveなどを使うことでクラウド上に写真をアップしてMac側でiPhotoに取り込むということで代用します。

MacからAndroidスマートフォン間のファイルのやりとりもアプリをMac側にインストールするだけで簡単にできるようになります。

こんな感じでそんなに難しいことなしでMacとAndroidスマートフォンは連携が可能なのです。

私の場合はXperia Z Ultra SOL24ではiPhone 5と同じように予定の確認、サイトの閲覧、ニュース等の情報をアプリを使い確認、Podcastを聴く、などに使っています。家族間のやり取りはLINEですることが多くなったのでLINEのアプリを入れているXperia Z Ultraで済むようになりました。

iOSアプリを使いたい時にはiPad mini 2を使います。写真や動画もiPad mini 2の方が画面サイズが大きいのでiPad miniを使ってみます。フォトストリームを使いたい時はiPad miniで写真も撮ります。

Androidスマートフォン+iPad のパターンでランニングコストを下げて運用する場合はMVNOのSIMを通話ができるプランで契約しAndroidスマホにさすか、私のように通話とキャリアメール専用のガラケーをもう1台持ち歩くかしないといけません。でもそれができてなおかつ2台から3台の携行が苦にならない場合は経済的にも、ガジェットフリークとしてもいたって楽しい毎日になるのではないでしょうか。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Android, iPad mini, Xperia Z Ultra

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.