Apple StoreのSIMフリーiPhoneの価格が購入を躊躇するほどに値上げされました

Android

円安の影響でしょうか、ひっそりとApple StoreのSIMフリーiPhoneの価格が改定されました。値上げ幅は7000円から12000円。iPhoneだけにとどまるのか、その他の製品も値上げになるのか、非常に気になるところですね。iPhoneの価格はこのようになりました。

■iPhone 6
16GB 67,800円→75,800円(税別)
64GB 79,800円→87,800円(税別)
128GB 89,800円→99,800円(税別)

■iPhone 6 Plus
16GB 79,800円→87,800円(税別)
64GB 89,800円→99,800円(税別)
128GB 99,800円→111,800円(税別)

■iPhone 5s
16GB 57,800円→64,800円(税別)
32GB 62,800円→70,800円(税別)

iPhone 6 や 6 Plusとの対抗馬としてはXperia Z3やNexus 6があげられると思うのですがこれらの価格は以下の通り。

■Xperia Z3 32GB
ソフトバンク 64,000円(税別)
au 74,000円(税別)
docomo 83,400円(税別)

■Nexus 6
32GB 69,600円(税別)
64GB 79,200円(税別)

並べてみてみるとiPhone 6, 6 Plusの価格がめちゃくちゃ高いというわけではないということがわかるのですが、iPhone 6 Plusの128GB 111,800円は同じ128GBを搭載しているMacBook Air 11インチの価格が88,800円(税別)ですから、比べる対象ではないとわかっていますが同じ金額をだすならMacBook Airにまわすかなあというのが正直なところ。

どうしてもiPhoneじゃなきゃだめという場合はこの価格で購入しなければなりませんが、たとえばスマートフォンはSIMフリーの2万円から4万円の価格帯のものを購入してMVNOのSIMをさし、iOSデバイスとしてiPad mini 2の32GB 36,800円(税別)を調達して、SIMフリーのスマートフォンのテザリングを使い外出時には使うというのがコストパフォーマンスが高いような気がします。

といってもSIMフリーのiPhoneは海外端末を購入する、購入していたころのことを考えるとまだ手に入れやすい価格と言えるかもしれませんがさすがにiPhone 6 16GB でも税込81,864円という金額はぽいっと出せるものではなくなりました。

価格に見合うだけの使い方をするのかを熟考して端末を選んでいきたいものです。