iPhone 5 バッテリー交換プログラムの対象かと調べてみると交換対象機種だった

AppleのサポートページにiPhone 5のバッテリー交換プログラムの案内が上がっていました。iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり頻繁に充電が必要になったりするようになった場合は交換プログラムを利用した方がいいですね。対象となるiPhone 5は2012年9月から 2013年1月の間に販売されたものでシリアル番号が合致しているものです。

私のiPhone 5も対象の期間のものだったのでAppleのサポートのページでシリアルナンバーを入力してみると、対象iPhoneということが判明しました。

でもバッテリー自体の持ちもいいですし、上記のような不具合もありませんからしばらく様子見ということになりそうです。

それよりも息子のiPhone 5が上記のような状態になっているので、バッテリーを交換した方がいいよと言っていたところだったので丁度タイミングがよかったかもしれません。

この交換プログラムの前に対象iPhoneでバッテリー交換をしてしまっている場合は

本プログラムの対象になると思われる iPhone 5 のバッテリーをすでに自費で交換された方は、返金についてこちらからお問い合わせください。

ということなので返金にも対応してくれるようです。

まだまだ現役で使えるiPhone 5ですからバッテリーが購入時のように持ってくれればもう1年、来年のiPhone発売までいけそうな気もします。

詳細はこちらから
iPhone 5 バッテリー交換プログラム
image

スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ