2480GADGET

Mac mini,YOGA BOOK,iPhone SE,g07,Fire HD 10

Android App写真ビデオ iPhone

iPhoneで360°全天球写真を撮ることができる「Photo Sphere Camera」は面白い

投稿日:

Nexus 7 LTEでGoogle謹製のカメラアプリを使ったときに面白いと思ったのが「Photo Sphere」でした。360°の全方位を撮影することによって、360°すべてを見ることができる写真が作成できるという実用性があるかどうかは?ではありますが、面白い機能だったのです。その「Photo Sphere」がついにiOS版にも登場しました。

スポンサー リンク

アプリ名は「Photo Sphere Camera」でGoogle提供のカメラアプリです。2014年4月にリリースされたAndroidアプリ「Googleカメラ」の中の「Photo Sphere」機能だけにしぼったものになります。
Android版のことについては以前こんなのを書きました。

Nexus 7 2013 LTEにはGoogleカメラ

使い方はAndroid版の「Photo Sphere」機能のやり方と同じです。黄色い○に合わせて画面を移動してシャッターが切れれば次の○に移動、これを繰り返します。水平方向360°が終わればその上か下の○を探してまた360°ぐるぐると撮影していきます。頭上と足下まで撮影が完了すれば、写真を結合して360°の全天球写真を作り上げていきます。

全天球写真の取り方は簡単なのですが、ずれずに撮るのが意外に難しいので最初「Photo Sphere」を立ち上げると出てくる画面の通り、最初は風景写真をとるのがいいでしょうねえ。部屋の写真を撮るとどうしてもつないでいる部分がずれてしまいがちです。

photo

photo1
顔の前にiPhoneを縦にして構えて撮影を開始します。

photo2
360°回るときにiPhoneの高さをかえず、回る位置もできるだけ一定にしておいた方が出来上がりがきれいです。

photo3
回る速度も速すぎるとiPhoneにおこられます。ゆっくりと回りながら撮影していきましょう。うまく出来上がればカメラロールにも画像が保存されます。でもカメラロールでは360°写真はみれないので「Photo Sphere」でみます。サンプルが2つありますので自分の撮ったものと比べることが出来ます。サンプルのように自然な360°天球写真を撮るには少々の練習が必要だと感じました。

自動で位置情報も付加されるので、旅行先で目の前の風景を360°で残しておきたいというときには「Photo Sphere」の出番かもしれませんね。とりあえず楽しいので一度試してみてください。

Photo Sphere 写真を作成する



\ シェアしてください /

-Android, App写真ビデオ, iPhone

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.