au MVNO SIM「mineo」LTEの使える容量が8月5日より選べるようになりAQUOS SERIEも追加端末に

Android

Xperia Z Ultra SOL24で毎日使っている auの MVNO SIM「mineo」ですが、やっと使える容量の変更ができるようになりました。今までは1GBだけだったのですが、8月5日より変更が可能になります。また、SIMと端末のセットは京セラの「DIGNO M」だけだったのですが、8月5日よりSHARPの「AQUOS SERIE」が追加されます。

まずはLTEの使える容量です。今までは1GB固定でしたが、8月5日より次のようなラインナップになります。

シングルタイプ(データ通信のみ 税別価格)

1GB ¥980 2GB ¥1,580 3GB ¥2,330

変更手続きの申し込みは毎月25日までとなり適応は翌月からです。契約時は1GBで契約し、1ヶ月の使用量をみて次の月に2GBにするか3GBにするか、1GBのままでいくかを検討すればいいでしょうねえ。
AQUOS1
選べる端末込みの価格はこんな感じです。

シングルタイプ(データ通信のみ 税別価格)
DIGNO M
1GB¥2,980 2GB¥3,580 3GB¥4,330
AQUOS SERIE
1GB¥4,130 2GB¥4,730 3GB¥5,480

AQUOS SERIEはDIGNO Mよりもいい値段しますね。しかしまあ今まではDIGNO Mしか選択出来なかったので、選べる端末が2つに増えたことは良いことです。白ロムを買ってSIMだけそろえるという面倒なことはしたくないという方にとっては良いのではないでしょうか。ただ、4000円をこえると、ちょっと高いなあという気がしてしまいます。

AQUOS SERIEはこんな端末です。

スペック
カラー ピンク/ホワイト/ネイビー
サイズ (幅 x 高さ x 厚さ) 約71×134×9.9mm(最厚部:約10.2mm)
重さ 約141g
au ICカード種類 au Nano IC Card (4G LTE)
OS Android™ 4.4
CPU MSM8974AB/2.3GHz(クアッドコア)
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 約32GB/約2GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC (最大128GB)
ディスプレイ 約5.2インチ IGZO(フルHD)
カメラ メイン 約1,310万画素 CMOS
サブ 約210万画素 CMOS
撮影サイズ 静止画 最大4,128×3,096ドット(13M)
動画 最大3,840×2,160ドット(4K2K)
バッテリー容量 3,150mAh
充電時間 約160分(共通ACアダプタ05[別売]使用時)
連続通話時間*1 約1,390分(3G)
連続待受時間*1 約980時間(3G)/約830時間(4G LTE/WiMAX 2+)
外部接続 Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac*2
Bluetooth ver. 4.0
外部デバイス・その他 microUSB端子/3.5φ(4極)イヤホンマイク端子
防水 IPX5/IPX7

au MVNO SIM「mineo」も徐々に進化してきました。だんだんとdocomo系MVNO SIMと同じような感じで使えるようになってきそうです。今のところ快適に使えていますからね「mineo」。個人的にはお気に入りです。

au AQUOS PHONE SERIE SHL23 【ブルー】 白ロム
Sharp
売り上げランキング: 939