異なるOSのスマートフォンやコンピュータを使っているのでアイデアやメモやブログの下書きはEvernote1本にしぼる

Android

やっぱりアナログの要素も必要だなと思い手書きのメモも使おうと思っているのですが、結局メモはiPhoneやiPad miniやMacBook Airでとることが多く、今では手書きのメモはほとんど使わなくなってしまって、それならそれでデジタルデバイスですべてやってしまえという風に割り切っている今日この頃です。メモや文章を書きなぐるデバイスとして一番使っているのが意外にもMacBook Airであったりします。

まあ、よく考えると意外でもなんでもなく、すべてのデータを集約しているのがMacBook Airだし、スケジュールの確認やデータの比較等をしながら書類を作るときに一番効率的なのがMacBook Airなので、メモもとにかく開いているMacBook Airでとなるのは自然な流れです。

しかし、MacBook Airを移動時にまで持ち歩いていないので、そのときにメモとなるとiPhoneやiPad miniであったりするのです。同じiOSデバイス同士であれば純正のメモを使えばいいのですが、このごろはXperia Z Ultra SOL24を使い始めたこともありiOSだけでなくAndroidスマートフォンでもタブレットでも同期が瞬時に出来るメモを探していたのです。

しかし、なかなかこれっというのが見つからずどうしたもんかなあと思っていたら、あるではないですか、いつも使っているこれが。

そう、Evernoteです。
Evernote
ブログの下書きを書くのにいつも使っているEvernote。ネットの気になる情報をクリップするのもEvernote。このEvernoteをメモ書きのメインにすればすべて解決するのではないかと。

ということで、メモ書きはすべてEvernoteに何が何でも記録することにして、すべてのデバイスからEvernoteに情報を集中させることにしました。プレミアム登録もしているので存分に使い倒さないともったいないですね。

iOSとAndroidOSのEvernoteの使い勝手は多少違うのですがそのあたりは些細なことでしょう。仕事用のファイルはDropboxで、メモ書きや文章はEvernoteへ、画像のクリップもEvernoteへ、音声もEvernoteへ送るようにしておけば「あっこっちに入っていないぞ!」と慌てることもなくなるでしょう。ネットにつながっていればどこでもEvernoteのデータにアクセス出来るので安心です。