OS X YosemiteとiOS8でMacとiPhoneの連携がより便利になりますますMacとiPhoneが魅力的に

Apple

日本時間で2014年6月3日(火)午前2時から行なわれたAppleの「WWDC 2014」。開発者向けイベントなので、ソフトウェア関連の発表のみになりましたね。iPhone 6やiWatchやMacBook Airの新機種などが発表されるのではないかと噂されていましたが、なかったですねえ。iPhoneについては秋口に発売されるのが濃厚となっているので、そのうち何らかのアクションがあると思われるので、そんなに「ああ、発表なかったなあ」と落胆することもなく、興味深く「WWDC 2014」の各記事を拝見しております。

今回のメインはOS X YosemiteとiOS8でしたね。詳細はもういろいろなサイトさんに出ているので、ここでは内容に関しては割愛させてもらいます。ざーっと新機能を確認してみた後の感想としては

『これは面白くなるぞ!』

メインのMacBook AirとiPhoneやiPad miniとの連携で毎日重宝しているのがメッセージです。iPhoneで送っても受けてもMacBook AirとiPad miniに同期されてどのデバイスから確認しても同じというのはほんとに便利です。また、フォトストリームもとても便利。主にiPhoneで写真を撮るのですが、とったら自分のフォトストリームでiPad miniでもMacBook Airでも見ることができるので、これまた便利。

そしてこの秋にリリースされるOS X YosemiteとiOS8では電話をMac側で利用出来たり、iPhoneに届いたSMSもMacのメッセージと同期ができたりなど、さらに連携が強化されるようです。AirDropもMacと通信可能になるし、MacとiPhoneやiPadの両OSを使っているととても刺激的でとても便利なことが増えそうです。

yosemite
OS X Yosemiteはデザインも刷新されiOSにより近いデザインになるようです。通知センター機能、Spotlight、Safari等強化されます。iPhoneでメールなどの書きかけの続きをMacでできるようになるHandoff、そしてiPhoneにかかってきた電話をMacで出ることができるPhone Calls。これら以外にもまだまだ追加の機能はあるようですが、Mac OSの新しいバージョンは毎回本当にわくわくします。今まで以上にMacBook Airを使うのが楽しくなると思うと早くリリースして!という気分です。

※今回の新しいMac OSの名前はヨセミテです。アメリカのヨセミテ国立公園には20代のころ仕事で3日ほど行ったことがあるのですが、広大な自然に圧倒されました。夜にはキャンプ地の近くにリスがやってくるので、リス達を見ながら同僚たちと大自然の中で話したときのことも懐かしく思い出しました。また行きたいなあ。余談でした。

ios8
iOS8は全方位的に検索出来る様になったSpotlight。外部のWikipediaやマップも検索できるよになりますよ。そして文字入力についてうれしい強化が。

予測変換をさらに進化させたQuickTypeが搭載されます。書いている相手を考慮してiOSが文章を予測し考えて候補を出してくれるという機能です。日本語にも対応してくれているのでうれしい限りです。そしてこれらの学習履歴はiCloud上にはあがらず、端末内での処理になるため、プライバシー的にも大丈夫ということです。

そして、ついにサードパーティ製キーボードが利用できるようになるようですよ!英AtokやGoogle日本語入力などが使えるようになれば非常にありがたいですよ。iPad miniでApple Wireless Keyboardを使って入力することも多いので、この方針変更は本当にうれしい。

その他、いろいろなものがおくれるようになるメッセージやiPadでより使いやすくなりそうなSafariやメールなど、iOS8のほうも機能盛りだくさんです。これまた正式リリースが待ち遠しい!

やっぱりMacとiPhone、iPad miniを使っていてよかったなあとWWDC後に毎年思います。

早く来い!OS X Yosemite & iOS8!