Macに入れておくと便利なコピーしたテキストの情報を削除してプレーンテキストでペーストできる『FormatMatch』

App仕事効率化

MacのメモやEvernoteを使っているときにちょっと困るのはサイトの情報をメモしておこうとコピー&ペーストすると、フォントや大きさやスタイルや画像やリンクなどがそのままペーストされてしまうことです。「いやいや今は余分なリンクなんていいし、画像もいらないんだけど。ただプレーンなテキストだけをペーストしてほしいのだよ」といってもいったんペーストした後では修整に一手間かけないいけなくなります。

私の場合は基本的にメモはプレーンテキストの状態で書き溜めていきたいのでいちいちスタイルを削除するのは面倒だし、そうかといってテキストエディタを立ち上げておき、そのエディタにペーストしたものをまたコピーするのも面倒です。

なんとかならないかと思っていたらこのアプリを見つけました。

FormatMatchlogo
『FormatMatch』
FormatMatch – Dutch:Apps

『FormatMatch』はクリップボード内のテキストからフォントやスタイルなどの書式データを削除してプレーンテキストにしてペースト出来るアプリです。

使い方は簡単で『FormatMatch』を立ち上げておくだけです。

機能のオン、オフはメニューバーから切り替えられます。また任意のショートカットキーで切り替えることも可能です。設定からMacを起動したときに立ち上げてるように出来たり、メニューバーに表示させないということも可能です。

私はメニューバーに常時表示させて必要に応じてオンオフを切り替えています。切り替えはメニューバーの『FormatMatch』アイコンをクリックしてActivateかDeactivateを選ぶだけです。

ちなみに当ブログのこの記事をコピーした状態です。
FormatMatch

メモに貼付けた場合です。
こちらはFormatMatchをオフの状態でコピーしました。スタイルが保持されています。
FormatMatch2

こちらはFormatMatchオンにした状態です。プレーンテキストになっていますね。
FormatMatch3

これでスタイルに悩まされることもなくコピー&ペーストできます。