Nexus 7 LTEはナビとして役立つのだ

前にも書いたような気がしますが、この頃はiPad mini Retinaを外出時に持ち歩きません。その代わりにNexus 7を持ち歩いています。iPad mini Retinaは自宅で使う専用タブレットです。Apple純正Bluetoothキーボードを購入してからテキスト入力はiPad miniでも打つようになりました。それ以上にNexus 7でテキスト入力をするようになりました。やはりATOKが使えるというのが文章入力をする上でポイントが高いです。おかげでMacBook Airでテキスト入力していた部分が減りMacBook Airのバッテリーの充電サイクルがのびました。

スポンサー リンク

テキスト入力でも活躍しているNexus 7ですが、外出時に便利なのがマップです。IIJmioのSIMをさしていることがここで活きてきます。地図を確認するにはiPhoneでも十分なのですが、焦点距離が近くではあいづらいということもあってiPhoneの4インチはきついのですねえ。それに比べると7インチ液晶は見やすいのです。

さて、Nexus 7のマップです。先日ちょっと離れたところになるケーキ屋さんにケーキを買いに行くことになったのですが、初めて行くお店だったため場所がわかりません。そこでNexus 7のマップで検索し、ある程度の位置を把握したあと、案内開始をタップしてNexus 7住所をカーナビ代わりに使ってみました。

image

使い勝手はiPhone 5のマップとほぼ同じなので音声での案内にも対応しています。簡易的なカーナビとしても十分使えます。7インチ液晶での確認はしやすいのでカーナビとして使うならば大きな画面のほうがいいですねえ。

iPad mini であればさらに大きな7.9インチですが、私が持っているのはWi-Fi版のためGPS機能の精度が低いです。今持っているデバイスを有効活用するとなればNexus 7がベストですね。

Nexus 7も7インチサイズのものはコレが最後で8インチに移行するという噂もあります。また、Nexus  6の噂もでています。Nexus ブランド自体がなくなるかもという話もあるし、Nexus 関連の話題には関心を寄せています。現状では最新のAndroid OSをいち早く体験できるのはNexus ブランドのマシンだけですし、余分なものが入っていないNexus 7は気に入っています。SIMフリーであるし、モバイルマシンとしてもポテンシャルは高いと思っています。なにより価格が求めやすい価格帯なので、今後この線で進化してほしいと思っているのですが。

そんな7インチ液晶のNexus 7ですが、簡易ナビとしては十分すぎるので、格安SIMをさして鞄の中に入れておけば道に迷ったときの力強い相棒になってくれるはずです。

スポンサーリンク

フォローする