iPad miniやiPhoneでスキャナ代わりに書類をスキャンしてOCRで読み取るSharpScan Pro + OCRをインストール

iPhoneやiPad miniをスキャナの代わりにして書類をスキャンし、jpegやpdfファイルにしてDropboxやEvernoteに送るアプリはいろいろとあるのですが今までは「JetScanner」を使っていました。個人的にはこれが一番かなと思っていたのですが、これは使えるぞ!というアプリを見つけました。それは「SharpScan Pro + OCR」というアプリです。

スポンサー リンク

この 「SharpScan Pro + OCR」のすごいところはスキャンをしたあとにOCRで文章の読みとりが可能だというところです。

それではどのように使うのかを簡単に。

まず「SharpScan」を立ち上げるとカメラでとるのかライブラリの画像を使うかを選択します。ここではカメラを使うことにします。
IMG_1315

写真はピントを合わせたい個所をタップすると撮影されます。その画像をもとにどの範囲でスキャンするかを設定していきます。大きなブルーの円を残したい画像の個所端に持ってくるとその部分がトリミングされていきます。この処理の部分がとても洗練されています。ブルーの円をタップするとその部分が拡大されて範囲設定をしやすいのです。
IMG_1332

範囲を確定するとその画像をPDFか画像ファイルでDropbox、Evernoteにアップすることが出来ます。このあたりは他のスキャナアプリと同じです。違う点はOCRで文字の読取が出来る点です。OCRで読み取ることができる言語も非常に多いのも特徴です。
IMG_1333

IMG_1324

IMG_1334

OCRの精度については日本語はそんなに高くはありません。英語は画像がくっきりとしていればほぼ100%に近く認識してくれます。スキャンした画像の文字を読み取る必要性があるかと言われるとそうないかもしれないのですがあれば面白い使い方が出来るかもしれません。

また「SharpScan Pro + OCR」はスキャンした画像ファイルの容量が小さいことも気に入りました。白黒にするともっと容量が小さくなりますから多量にスキャン画像をとる場合はありがたいのです。

スキャンして残す時の処理の仕方も「オリジナル」「白黒」「グレースケール」「カラー」から選ぶことができます。テキストであれば白黒で保存すればいいし、新聞ならグレースケールがいいでしょうねえ。雑誌等はオリジナルかカラーで保存というように使い分けしておけばいいですから。
IMG_1327

OCRの機能は日本語についていうとまだまだですが、スキャナアプリとしては使いやすく気軽にいろいろなものをスキャン出来るアプリ「SharpScan Pro + OCR」です。無料のバージョンもあります。アプリ内課金でフル機能を使うことが出来るようになります。

SharpScan Pro + OCR:外出先で素早く複数ページのドキュメントをきれいな PDF にスキャンします – Pixelnetica

富士通 ScanSnap SV600 FI-SV600
富士通 (2013-07-12)
売り上げランキング: 2,067
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ