MacBook Airの「イメージキャプチャ」で取り込んだ画像は「プレビュー」で簡単に調整することが出来る

前記事でMac OS X の「イメージキャプチャ」を使ってスキャンしてPDFにするというのが非常に便利で簡単だという記事を書きました。「イメージキャプチャ」から取り込むときにPDFではなくJPEG形式にしておくと「プレビュー」で修正ができます。加工する必要があればJPEG出力に設定しておくと何かと便利です。そのまま修正の必要はないかなというものはPDFで、ちょっと大きさを変えようとか、周りをカットしようとか、スキャン後に手を入れる可能性があればJPEGでと切り替えをした方がいいですね。

スポンサー リンク
「イメージキャプチャ」で取り込んで「プレビュー」で調整する方法

調整したいファイルを「プレビュー」で開きます。

プレビュー1

私がいつも行なう調整は余分な周りの部分の切り取りなのでその調整の仕方はこんな感じです。

プレビュー2

範囲指定をします。範囲指定はタップしてドラッグです。範囲指定した外側が切り取られ中側が残ります。

⌘+Kで切り取りが実行されます。

プレビュー3

これだけです。サイズ調整も「プレビュー」から出来るし、ファイル形式を指定して保存もできるので、ちょっとしたことなら「プレビュー」だけで出来てしまうのです。

ブログにアップする画像もこのように「プレビュー」で修正することがほとんどなので標準アプリながらとても便利に使えるのです。すごく重宝しています。

Macはじめよう MacBook Air & Pro, iMac対応 OS X Marvericks版
Mac書籍編集部
マイナビ
売り上げランキング: 12,395
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ